競輪初心者講座

S級S班を知る!競輪界の頂点に立ち、KEIRINグランプリで1億円を奪い合う最強の9人!

2016年KEIRINグランプリのゴール前

競輪界の「頂点」

「S級S班」…それは、全国に2,500名いる競輪選手の中で、わずか9名にしか与えられない「最強」の称号。
1年間の激闘を勝ち抜き、誰よりもタイトルを手に入れ、賞金を稼いだ選ばれし9名であり、彼らには12月30日に行われるKEIRINグランプリにて1億円を奪い合う権利が与えられる。
今回は、そんな競輪界の「頂点」S級S班について解説しよう。初心者は、まずはこのS級S班9名を覚えるところから始めると良い。

S級S班の歴史

このS級S班制度は、2007年のKEIRINグランプリから採用された。


KEIRINグランプリの出場資格自体は変わらないものの、グランプリ出場選手は「S級S班」の称号を背負ってレースに挑むことになった。
制度開始時点では18名であり、その内の上位9名がKEIRINグランプリに出場できる形だった。2012年に現行の9名となり、S級S班全員がKEIRINグランプリに出場できるようになる。

S級S班の特徴

S級S班の特徴や優遇措置としては、以下のものが挙げられる。

事前に「あっせん計画」を提出し、自分の希望通りのレースに出場するようあっせんを調整することができる


G1・G2のビッグレースに優先して出場でき、なおかつシード番組がある場合は優先してシードされる


基本的にG3以上の開催にのみ出場する


レースに出場する際はS級S班専用のユニフォームを着用する。また、前年のKEIRINグランプリ覇者には特別にユニフォームが用意され、全てのレースを1番車で出走できる特典がある


公共交通機関を利用する際に特別料金が支給される

まさに、最強の者にのみ許された特典である。

ビッグレースについてはこちらも参照⇒

2021年のS級S班

それでは、2021年現在のS級S班9名を一気に紹介しよう。

☆和田健太郎(千葉・87期)
…昨年、デビュー19年目にしてグランプリ初出場・初優勝を成し遂げた千葉の苦労人。プレッシャーの掛かる立場を強さに変えて邁進する。

脇本雄太(福井・94期)
…日本人離れしたスピードを武器に世界と戦うオリンピアン。G1でも打鐘から逃げて勝ち切るそのレースぶりは、豪快を通り越して戦慄すら感じさせる。

佐藤慎太郎(福島・78期)
…一昨年、43歳にしてKEIRINグランプリ優勝(歴代2位の最高齢優勝記録)を遂げた「中年の星」。安定感抜群のレースもさることながら、豪快なキャラクターでも人気を博す。

平原康多(埼玉・87期)
…8年連続グランプリ出場中の関東最強選手。捲って良し、捌いて良しのレースぶりでファンの絶大な支持を集める。

新田祐大(福島・90期)
…自転車競技チーム「Dream Seeker」代表も務める競輪界のスポークスマン。脇本と共に今年の東京オリンピック代表に内定している。

清水裕友(山口・105期)
…25歳にして競輪界の頂点に上り詰めた長州の新星。昨年、念願のG1タイトルも奪取し、さらなる進化を遂げる。

郡司浩平(神奈川・99期)
…南関東から久々に産まれたS級S班。昨年は競輪祭で悲願のタイトル獲得を果たした。競輪王国建設の急先鋒となれるか。

松浦悠士(広島・98期)
…先行から番手まで自在にこなす競輪界最強のオールラウンドプレーヤー。清水との「ゴールデンコンビ」で競輪界を席巻している。

☆守澤太志(秋田・96期)
…昨年、熾烈なグランプリ出場争いを制した2020年のラッキーボーイ。甘いマスクとは裏腹に、縦横無尽に攻めるレースを展開する。

まとめ

全ての競輪選手は、毎年グランプリ出場を目標に日々練習を重ねる。その中で激しい競争があり、グランプリ出場に相応しい力を持った強者が数十名生き残る。


その強者達がさらにふるいにかけられ、最終的に勝ち残った9名のみが、最強の称号を得ることができる。
強者の中の強者である彼らには、常に責任と結果が求められるのだ。

S級S班について簡単にまとめた動画はこちら⇒

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。

最新記事 by 競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属) (全て見る)