競輪初心者講座

S級S班を知る!競輪界の頂点に立ち、KEIRINグランプリで1億円を奪い合う最強の9人!

2016年KEIRINグランプリのゴール前

競輪界の「頂点」

「S級S班」…それは、全国に2,500名いる競輪選手の中で、わずか9名にしか与えられない「最強」の称号。
1年間の激闘を勝ち抜き、誰よりもタイトルを手に入れ、賞金を稼いだ選ばれし9名であり、彼らには12月30日に行われるKEIRINグランプリにて1億円を奪い合う権利が与えられる。
今回は、そんな競輪界の「頂点」S級S班について解説しよう。初心者は、まずはこのS級S班9名を覚えるところから始めると良い。

S級S班の歴史

このS級S班制度は、2007年のKEIRINグランプリから採用された。


KEIRINグランプリの出場資格自体は変わらないものの、グランプリ出場選手は「S級S班」の称号を背負ってレースに挑むことになった。
制度開始時点では18名であり、その内の上位9名がKEIRINグランプリに出場できる形だった。2012年に現行の9名となり、S級S班全員がKEIRINグランプリに出場できるようになる。

S級S班の特徴

S級S班の特徴や優遇措置としては、以下のものが挙げられる。

事前に「あっせん計画」を提出し、自分の希望通りのレースに出場するようあっせんを調整することができる


G1・G2のビッグレースに優先して出場でき、なおかつシード番組がある場合は優先してシードされる


基本的にG3以上の開催にのみ出場する


レースに出場する際はS級S班専用のユニフォームを着用する。また、前年のKEIRINグランプリ覇者には特別にユニフォームが用意され、全てのレースを1番車で出走できる特典がある


公共交通機関を利用する際に特別料金が支給される

まさに、最強の者にのみ許された特典である。

ビッグレースについてはこちらも参照⇒

2020年のS級S班

それでは、2020年現在のS級S班9名を一気に紹介しよう。

佐藤慎太郎(福島・78期)
…昨年、43歳にしてKEIRINグランプリ優勝(歴代2位の最高齢優勝記録)を遂げた「中年の星」。安定感抜群のレースもさることながら、豪快なキャラクターでも人気を博す。

脇本雄太(福井・94期)
…日本人離れしたスピードを武器に世界と戦うオリンピアン。G1でも打鐘から逃げて勝ち切るそのレースぶりは、豪快を通り越して戦慄すら感じさせる。

平原康多(埼玉・87期)
…7年連続グランプリ出場中の関東最強選手。捲って良し、捌いて良しのレースぶりでファンの絶大な支持を集める。

新田祐大(福島・90期)
…自転車競技チーム「Dream Seeker」代表も務める競輪界のスポークスマン。脇本と共に来年の東京オリンピック代表に内定している。

清水裕友(山口・105期)
…25歳にして競輪界の頂点に上り詰めた長州の新星。今年、念願のG1タイトルも奪取し、さらなる進化を遂げる。

郡司浩平(神奈川・99期)
…南関東から久々に産まれたS級S班。総合力は既にG1級と言われて久しく、今年こそ悲願のタイトル奪取へ燃える。

松浦悠士(広島・98期)
…先行から番手まで自在にこなす競輪界最強のオールラウンドプレーヤー。清水との「ゴールデンコンビ」で競輪界を席巻している。

中川誠一郎(熊本・85期)
…オリンピック出場、デビュー16年でのG1初制覇と酸いも甘いも嚙み分けたベテラン。ハマった時の破壊力は未だにG1級。

村上博幸(京都・86期)
…競輪界最強の兄弟と謳われる村上兄弟の弟。ラインを重視する貫禄の捌きでトップを走り続ける近畿のカリスマ。

まとめ

全ての競輪選手は、毎年グランプリ出場を目標に日々練習を重ねる。その中で激しい競争があり、グランプリ出場に相応しい力を持った強者が数十名生き残る。


その強者達がさらにふるいにかけられ、最終的に勝ち残った9名のみが、最強の称号を得ることができる。
強者の中の強者である彼らには、常に責任と結果が求められるのだ。

S級S班について簡単にまとめた動画はこちら⇒

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

友だち追加
公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!G2以上はリアルタイムで結果速報を配信!!

オススメ記事

ROAD TO KEIRINグランプリ~競輪グランプリ2020への道~獲得賞金ランキング上位30傑競輪選手の獲得賞金上位30名を随時更新!KEIRINグランプリ(競輪グランプリ)へ向けて必見です!...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。