競輪のあれやこれや

【グランドスラム】競輪における「グランドスラム」(G1完全制覇)達成者を調べてみた

疾走する神山雄一郎(1番車)

まずグランドスラムとは

一般的に「グランドスラム」とは、テニスの4大大会(ウィンブルドン、全米オープン、全仏オープン、全豪オープン)を全て制覇することであり、そこから各種スポーツで主要大会を全て制覇することを指すようになった。例えば、ゴルフにおけるグランドスラムは全英オープン、全米オープン、全米プロゴルフ選手権、マスターズ・トーナメントを全て制覇することを指す。

競輪におけるグランドスラム

そして、競輪におけるグランドスラムは、現在開催されている6つのG1(全日本選抜、日本選手権、高松宮記念杯、オールスター、寛仁親王牌、競輪祭)を全て制覇することである。KEIRINグランプリは含まれない。

競輪のビッグレースについてはこちらも参照⇒

2020年現在、グランドスラムを達成した選手は以下の3名のみ(以下敬称略)。

選手名登録地・期別達成年
井上茂徳(引退)佐賀41期1988年
滝澤正光(引退)千葉43期1990年
神山雄一郎栃木61期1999年

長い競輪の歴史の中でもわずか3名。そして、井上・滝澤の両者は1994年に寛仁親王牌がG1に昇格する以前の達成のため、現在の6G1を全て制覇したのは神山雄一郎ただ一人である。なお、井上・滝澤はKEIRINグランプリも制覇しているが、神山は2020年現在グランプリを制覇していない。

グランドスラム達成を逃した過去の名選手

上記の3名以外にも、グランドスラム達成まであと一歩に近づいた選手は2名いる。

まずは、「ミスター競輪」中野浩一。世界選手権10連覇、第1回KEIRINグランプリ制覇など、輝かしい功績と共に1980年代の競輪界をリードし続けた中野だが、高松宮記念杯を制覇できないまま1992年に引退した。ラストランは奇しくもその高松宮記念杯決勝戦であり、滝澤正光の2着に敗れた。

同じ福岡の「F1先行」吉岡稔真も、グランドスラム達成まであと一歩と迫りながらオールスターを優勝できずに2006年に引退。ファン投票1位には幾度となく輝きながらも、優勝だけは叶わなかった。

グランドスラム達成間近の選手

2020年現在、現役選手の中でグランドスラムを達成しそうな選手は以下の通り。

福島の山崎芳仁は、2006年~2015年の10年間でG1タイトルを9つ獲得し、残すは日本選手権のみとなっている。しかし、2015年の全日本選抜を最後にタイトルから遠ざかっており、ここから日本選手権を優勝できるかどうかは不透明である。

その点では、現在グランドスラムに最も近いのは同じく福島の新田祐大か。こちらも2015年~2019年の5年間で7つのG1タイトルを獲得し、残すは寛仁親王牌のみとなっている。ここ2年は世界選手権・ワールドカップ出場のため欠場が続いたが、今年は出場予定。21年ぶりのグランドスラム達成へ大きな期待がかかる。

その2人に次ぐのは茨城の武田豊樹と、福井の脇本雄太。武田は2009年~2015年にG1タイトルを7つ獲得し、残すは全日本選抜と寛仁親王牌の2つ。しかし、近況G1・G2クラスでは苦戦が続いており、グランドスラム達成は厳しい状況。脇本は2018年以降のわずか2年間で4つのタイトルを獲得し、残すは全日本選抜と競輪祭のみ。このまま2021年明けまで競輪に参加すれば、一気にグランドスラムを達成する可能性すらある。

まとめ

競輪界のグランドスラムは、最低でもG1を6勝しなければならない他、運の要素も多分に絡んでくるため、他の競技の完全制覇系記録と比較しても難易度が非常に高い。果たして次のグランドスラム達成者は誰になるのだろうか。まずは、10月の寛仁親王牌で新田祐大が達成できるかどうかに大きな注目が集まる。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

友だち追加
公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!G2以上はリアルタイムで結果速報を配信!!

オススメ記事

ROAD TO KEIRINグランプリ~競輪グランプリ2020への道~獲得賞金ランキング上位30傑競輪選手の獲得賞金上位30名を随時更新!KEIRINグランプリ(競輪グランプリ)へ向けて必見です!...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
祝・無敗のS級特別昇級!山口拳矢の軌跡を振り返る 無敗の24連勝で特別昇級 今日、和歌山競輪場でA級決勝を制した山口拳矢(岐阜・117期)は、7月の本デビューから18連勝...
競輪場のマスコットキャラクターを一挙紹介!お気に入りのゆるキャラを見つけよう!競輪場のマスコットキャラクター・ゆるキャラを一挙紹介。お気に入りのマスコットキャラクターを見つけて、それをお目当てに競輪場へ足を運んでみましょう。...
The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。