競輪予想情報

第73回高松宮記念杯競輪 勝ち上がり方式

第73回高松宮記念杯競輪

6月16日(木)~6月19日(日)まで、岸和田競輪場で第73回高松宮記念杯競輪が開催される。今回は、高松宮記念杯競輪の勝ち上がり方式をご紹介する。

勝ち上がり方式

高松宮記念杯競輪は、東西対抗戦としての性格上、準決勝までは東日本・西日本でそれぞれ独立してトーナメントが行われる。

初日

奇数レースは東日本、偶数レースは西日本のトーナメントが行われる。

「特別選抜予選」を各1レース、「一次予選」を各5レース実施。

「特別選抜予選」1~4着と、「一次予選」1着5名の計9名が、2日目「白虎賞」(西日本)・「青龍賞」(東日本)に進出。「特別選抜予選」5~9着と、「一次予選」各2~5着および6着2名の計27名が、2日目「二次予選」に進出。

2日目

優秀競走として「白虎賞」・「青龍賞」を各1レース、「二次予選」を各3レース実施。「白虎賞」・「青龍賞」1~9着と、「二次予選」1~3着の計18名が、3日目「準決勝」に進出。

3日目

「準決勝」を各2レース実施。1~2着および、3着1名の計9名が最終日「決勝」に進出。

一次予選で1着となれば、その時点で準決勝進出が確定。また、一次予選の勝ち上がり条件は5着と、普段のG1よりも若干緩い。その分、準決勝が4レース制となるため、決勝進出には2着以内が基本となる。

想定決勝メンバー

選手名級班登録地
佐藤慎太郎SS福島
吉田拓矢SS茨城
平原康多SS埼玉
郡司浩平SS神奈川
古性優作SS大阪
松浦悠士SS広島
深谷知広S1静岡
眞杉匠S1栃木
太田竜馬S1徳島

日本選手権優勝の脇本雄太、S級S班では守澤太志が不在。順当ならS級S班が大挙して決勝に駒を進めそうだが、調子の幅が大きい清水裕友、今年に入りまるでいい所がない宿口陽一あたりが決勝を逃す可能性もある。

2016年、2017年と同大会を連覇した新田祐大は、日本選手権指定練習中の落車の影響で状態が不透明。その隙を突くのは関東の核弾頭・眞杉匠、機動力断然の深谷知広、今年G1・G2で2度の決勝進出がある太田竜馬あたりと見る。

しかし、昨年はS級S班が4名しか勝ち進めず、優勝もG3制覇すらなかった宿口。過去には平原康多、深谷知広、稲川翔らがG1初優勝を飾った大会だけに、波乱が起こる可能性も考えられる。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。