競輪初心者講座

競輪選手の級・班を知る!ランク付けはかなりシビア!?出られるレースも級班によって違う

競輪選手…それはプロ野球並みの超実力社会

これはどのプロスポーツにも言えることだが、競輪選手もやはり結果が全ての実力社会に身を置いている。
実力ある者は早くからスターダムにのし上がり、そうでない者は輝く時を夢見て順番待ちをする。そして、結果を出せなくなった者は戦いの場を去ることになる。
今回は、そんな競輪選手の階級について説明しよう。

競輪選手のランク付けは「2級6班制」

競輪選手は、強い順に「S級」「A級」にランク付けされる。プロ野球で言えば、S級が一軍、A級が二軍である。
そして、S級は上から順に「S班」、「1班」、「2班」と分かれる。同様に、A級も「1班」、「2班」、「3班」と分かれる。

各班の人数は以下の通り。 

          S級S班:9名 

          S級1班:210名 

          S級2班:457名 

          A級1班:515名 

          A級2班:520名

          A級3班:510名

S級はS級同士、A級はA級同士でレースを行い、級をまたいで対戦が行われることはない(ヤンググランプリなどの特別な場合を除く)。
競輪界の頂点である「S級S班」の定員は毎年9名で、その年のG1優勝者+獲得賞金上位者によって構成される。
この9名が、毎年12月30日に行われるKEIRINグランプリに出場し、熾烈な1億円争奪バトルを繰り広げるのである。
なお、2020年後期現在ガールズケイリンの選手は153名全員が「L級1班」に属しており、階層は存在しない。

ランクによって出られる開催も違う

プロ野球でも一軍登録されなければ一軍の試合に出られないように、クラスによって出走できる開催が違ってくる。

「GP」…S級S班9名のみが出走。
「G1・G2」…S級でもトップクラスの選手のみが出走。ほとんどS級1班の選手でレースが行われる。
「G3」…S級選手のみが出走。S級S班の選手とS級2班の選手が対戦することもある。
「F1」…S級選手とA級1・2班の選手が出走。S級とA級で独立してトーナメントが行われる。
「F2」…A級選手のみが出走。A級1・2班とA級3班で独立してトーナメントが行われ、A級3班の選手によるトーナメントは「チャレンジレース」と呼ばれる。

S級S班の選手は基本的に位の高い「G3」以上の開催にしか出走しないのに対し、最下級であるA級3班の選手は最も位の低い「F2」にしか出走できない。優勝劣敗の世界である。

選手の昇級・降級は年2回

良い成績を残せばクラスが上がり、成績が落ちればクラスも下がる。そのクラスが変更されるタイミングは、毎年1月と7月の年2回である。
毎年1月~6月を前期、7月~12月を後期とし、半年の成績によって選手のクラスが決定される。
例えば、今期は2020年の後期に当たるが、今期の成績は翌々期の2021年後期に反映される。逆に言うと、今期のクラスは前々期である2019年後期の成績によって決定されている。

各期で人数のズレはあるが、A級上位からS級の昇級およびS級下位からA級の降級は大体150名前後と言われている。
また、最下級のA級3班の内、成績下位の30名は選手の意向を問わず強制的に引退させられる。毎年70名前後の新人選手がデビューを迎えるからだ。
なお、A級3班およびA級1・2班の選手には、3開催連続で全て1着を取るとすぐに上のクラスへ昇級(昇班)できる「特別昇級(昇班)」という制度も存在する。

まとめ

長々と説明したが、初心者は、

①競輪には「S級」と「A級」がある。
②「S級」は強い。
③その中でも「S級S班」の9人はめちゃくちゃ強い。
④半年に1回S級とA級で入れ替えがある。

の4点を覚えておけば良いだろう。より詳しい実情については、競輪に親しむ中で身に付けていけば良い。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

友だち追加
公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!G2以上はリアルタイムで結果速報を配信!!

オススメ記事

ROAD TO KEIRINグランプリ~競輪グランプリ2020への道~獲得賞金ランキング上位30傑競輪選手の獲得賞金上位30名を随時更新!KEIRINグランプリ(競輪グランプリ)へ向けて必見です!...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。