競輪情報あれこれ

【先輩後輩】主な競輪選手の出身高校・大学を調べてみた

気になるあの選手のバックグラウンド

人が走る競輪。深く競輪を知るにつれて、気になってくるのが選手の経歴だ。この選手はどの学校を出て、どのような道を歩んで競輪選手になったのか?今回はそんな疑問に答えるべく、有名競輪選手のバックグラウンドを一挙にご紹介する。同じ学校を出た選手が見つかるかも?

自転車競技の強豪校は?

まず前提として、自転車競技の強豪校および、これまでに多く競輪選手を輩出している大学を紹介。なお、高等学校はその時に入学した生徒の実力や、指導者により大きく力量関係が変化するため、ここでは紹介を控える。

まず自転車競技の強豪として名前が挙がる大学は日本大学。全日本大学対抗選手権自転車競技大会(通称インカレ)では、30連覇を含む最多の通算52回の優勝を誇る。これまでにも数多くの選手を輩出しており、主な出身選手はロサンゼルス五輪・スプリント競技銅メダリストの坂本勉氏や、G1・4勝の小嶋敬二(石川74期)、115期ナンバーワンの坂井洋(栃木)等。

続いては、2013年のインカレで日本大学の31連覇を阻止した鹿屋体育大学。女子では最多のインカレ優勝13回を誇り、どちらかというとロードレースで多くの強豪選手を輩出している。主な出身選手は東京五輪オムニアム代表の橋本英也(岐阜113期)等。

昨年、インカレで初優勝を飾った中央大学も強豪校の一角を占め、毎年素質ある選手を競輪界に送り込んでいる。主な出身選手はG1・3勝の成田和也(福島88期)、2世レーサーとして活躍中の宮本隼輔(山口113期)等。

その他、インカレ通算14回の優勝を誇り、直近では寺崎浩平(福井117期)を送り出した法政大学、石井貴子(千葉106期)、奥井迪(東京106期)、中川諒子(熊本102期)と有名ガールズ選手も卒業した早稲田大学、男女共に安定して好成績を収めている日本体育大学に加え、順天堂大学朝日大学、京都産業大学が自転車競技の強豪校として名前が挙げられる。

S級S班9名の出身校は?

次は、現在の競輪界の頂点に立つS級S班9名の出身校を紹介。

選手名出身校
和田健太郎(千葉)千葉経済大附高
脇本雄太(福井)県立科学技術高(福井)
佐藤慎太郎(福島)学校法人石川高(福島)
守澤太志(秋田)大曲農高(秋田)※
平原康多(埼玉)川越工業高(埼玉)
清水裕友(山口)誠英高(山口)
新田祐大(福島)白河高(福島)
松浦悠士(広島)広島工高
郡司浩平(神奈川)横浜商高(神奈川)

9名全員が高校卒業。その内守澤を除く8名が高校卒業後3年以内に競輪学校に入学しており、早くからその素質を開花させている。

編集部補注:守澤は高校卒業後、明治大学中退(4年次まで在籍)。明治大自転車部時代には主将を務め、インカレロードレース優勝の実績を持つ。

直近5年のG1優勝者の出身校

一方、上に挙げた選手以外で、直近5年のG1優勝者の出身校は以下の通り。

G1選手名出身校
2016全日本選抜渡邉一成(福島)小高工高(福島)
2019全日本選抜中川誠一郎(熊本)真和高(熊本)
2016日本選手権村上義弘(京都)花園高(京都)
2017日本選手権三谷竜生(奈良)関東学院大
2016オールスター岩津裕介(岡山)倉敷工高(岡山)
2016寛仁親王牌稲垣裕之(京都)西舞鶴高(京都)
2019寛仁親王牌村上博幸(京都)花園高(京都)
2018競輪祭浅井康太(三重)朝明高(三重)

8名中7名が高卒。やはり、早い年齢から経験を積んだ選手が強いのだろうか?

グランプリ優勝者の出身校は?

それでは、過去のグランプリ優勝者はどうか?上に挙げた選手以外の出身校を調査した。

年度選手名出身校
1985中野浩一(福岡)八女工高(福岡)
1986井上茂徳(佐賀)佐賀龍谷高
1987滝澤正光(千葉)八千代高(千葉)
1990坂本勉(青森)日本大
1991鈴木誠(千葉)千葉経済大附高
1992吉岡稔真(福岡)豊国学園高(福岡)
1996小橋正義(岡山)水島工高(岡山)
1997山田裕仁(岐阜)大垣商高(岐阜)
1998山口幸二(岐阜)大垣西高(岐阜)
1999太田真一(埼玉)川越工高(埼玉)
2000児玉広志(香川)高松一高(香川)
2001伏見俊昭(福島)白河実高(福島)
2004小野俊之(大分)日出高(大分)(現・日出暘谷高)
2005加藤慎平(岐阜)岐南工高(岐阜)
2006有坂直樹(秋田)大曲農高(秋田)
2008井上昌己(長崎)筑陽学園高(福岡)
2009海老根恵太(千葉)順天堂大
2013金子貴志(愛知)桜丘高(愛知)
2014武田豊樹(茨城)釧路緑ヶ岡高(北海道)(現・武修館高)

過去25名の優勝者の中で、大卒の選手は坂本勉、海老根恵太、三谷竜生の3名のみ。それ以外は全員高卒(もしくは大学中退)である。かつて(92期まで)は競輪学校入学に満24歳未満という年齢制限が加えられていたため当然かもしれないが、ここにも高卒有利(?)のデータが表れている。

まとめ

今回は、主な有名選手の出身校について紹介した。競輪選手の低年齢化が進む現在、今後もその流れは加速し、高卒選手が強い傾向が継続するのだろうか。それとも、また違った傾向が表れるのだろうか。その答えは、またデータを蓄積させて調査していきたい。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

友だち追加
公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

オススメ記事

本日の競輪予想・F1戦/F2戦ピックアップレース 本日の注目レース予想 このページでは、本日の注目レース予想を更新していく。更新時間は日によって変わるため、こまめ...
KEIRINグランプリ2020決勝戦結果&回顧 平塚競輪場公式Twitterより(https://twitter.com/windy_kun/status/1344191739364...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...

https://rin-pedia.com/arekore/keirin_accident

https://rin-pedia.com/arekore/keirin_veteran

The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。