競輪情報あれこれ

韓国競輪の基礎知識

このページでは、韓国の競輪について基礎知識をまとめます。

韓国競輪の歴史

韓国競輪誕生のきっかけは、1988年のソウルオリンピック開催です。自転車競技種目を行うにあたり、ソウルオリンピック委員会はソウル市内に自転車競技場を建設。オリンピック終了後はこの自転車競技場を有効活用するべく、競輪開催を実施するための関係法令を整備し、1995年10月15日に蚕室(チャムシル)競輪場をオープンしました。開始直後は売上も伸び悩みましたが、その後各地に場外車券売場を開設したことで競輪人気は上昇。2000年12月8日には慶尚南道昌原市に初のドーム型競輪場となる昌原(チャンウォン)競輪場、2003年11月15日には釜山広域市金井区に釜山(プサン)競輪場がオープンします。その後蚕室競輪場はソウル南西部の光明(クァンミョン)市に移転、2006年2月17日にドーム型の光明競輪場として再オープン。3場体制で現在に至っています。

競輪場の特徴

ドーム型競輪場が2か所、屋外競輪場が1か所ある韓国の競輪場は、全て333mバンクです。それぞれ、昌原が前橋競輪場、釜山が西武園競輪場、光明が小倉競輪場を参考に建設されたと言われており、日本のファンにも何となくイメージが付くと思います。

韓国競輪のレースの特徴

韓国競輪のレースの特徴は以下の通りです。

・すべて7車立て

・ラインなし、原則ヨコの動き禁止

・ユニフォームは1番から白、黒、赤、青、黄、緑、桃(日本とは7番車が違う)

・誘導員は残り2周(日本でいう赤板)退避

韓国競輪は発足当時選手数が少なく、ヨコの動きをして落車が発生・選手が負傷すると開催が困難となっていたため、このようなルールになったと言われています。日本でいうガールズケイリンやPIST6と大差ないと考えて良いでしょう。

韓国競輪の開催日程・方式

基本的に金・土・日の3日間で開催されます(まれに4日間開催あり)。2024年は1日に昌原・釜山で5R~6R、光明で16Rの計27R~28Rが行われ、昌原・釜山での開催は午前11時頃~午後3時頃、光明では午後1時頃~午後6時40分頃まで開催されます。

昌原→釜山(もしくは釜山→昌原)はリレー開催ですが、光明は昌原もしくは釜山開催中に1Rが発走するため、それぞれの競輪場の公式サイトでは、重なっている部分のレースが案内されていないので注意が必要です。

一般的に、昌原・釜山ではA級戦、B級戦が開催され、光明ではS級戦~B級戦全てのトーナメントが開催されます。

最上位のS級戦は普通光明でしか開催されません。そのため、日本の「G1」にあたる「大賞競輪」は全て光明で開催されます。2024年の「大賞競輪」日程は以下の通りです。

開催日程開催名称
2/23~2/25スポーツソウル杯
4/26~4/28スポーツ朝鮮杯
6/28~6/30KSPO理事長杯競輪王中王戦
8/2~8/4オンライン発売記念
スポーツ東亜杯
10/11~10/13日刊スポーツ杯
12/27~12/29文化体育観光部長官杯
グランプリ競輪

また、以下の日程で「特別競輪」が実施されます。

開催日程開催場開催名称
7/12~7/14釜山釜山広域市長杯
大賞競輪
8/30~9/1昌原創立記念特別競輪
12/6~12/8釜山A級・B級最強戦
12/13~12/15昌原B級最強戦

韓国競輪のクラス分け

韓国競輪は日本と違い、S・A・Bの3級10班制を採用しています。トップが5名からなるS級S班で、以下S級1班、S級2班…最下層がB級3班と続きます。なお出走表にはS級が「特選級」、A級が「優秀級」、B級が「選抜級」と記載されています。

おおよその選手数はそれぞれ以下の通りです。選手数はおよそ550名で、日本(男女合わせて約2400名)の約4分の1です。

SSS1S2S3A1A2A3B1B2B3
5272727777777767777

韓国競輪の車券

韓国競輪の車券は単勝・複勝・2車複・2車単・3連複・3単複・3連単の7つの賭け式があり、1回の購入限度額は10万ウォン(約1万1千円)とされています。「3単複」とは、1着を的中させたうえで2,3着を順不同で的中させる車券のことです(例:1-2-3を購入した場合、1-2-3と1-3-2のどちらでも的中)。

また、3連単は現金では購入できず、専用の競輪投票サイト「SPEED ON」のみでの発売となっています。

韓国競輪のS級S班

2024年の韓国競輪におけるS級S班は以下の5選手です。

林採彬(임채빈、イム・チェビン)25期

生涯成績194戦190勝、勝率97.9%(2024年4月1日時点)という現韓国最強選手。2023年はグランプリ優勝を含む60戦60勝パーフェクトという成績を残した。

全元規(전원규、チョン・ウォンギュ)23期

主戦法は差し。2022年から急激に成績を上げ、同年のスポーツ朝鮮杯を優勝。先日林採彬の連勝記録を74でストップさせた張本人。

丁鐘珍(정종진、チョン・ジョンジン)20期

2016年~2019年にグランプリ4連覇を達成した前韓国最強選手。林採彬の台頭で一時影を潜めたが、2022年にはその林採彬を破りグランプリ5度目の優勝を遂げ、健在をアピールした。

印治喚(인치환、イン・チファン)17期

2022年からSSをキープする、今年41歳を迎えるベテラン。安定感あるレースぶりで着をまとめる。

梁承原(양승원、ヤン・スンウォン)22期

こちらも2022年からSSの座に。昨年はスポーツ東亜杯、日刊スポーツ杯と連続で大賞競輪準優勝と実績を残した。

韓国競輪の賞金と売上

日本のKEIRINグランプリの優勝賞金は1億3,300万円ですが、韓国のグランプリの優勝賞金は8,000万ウォン(約880万円)。その他、大賞競輪の優勝賞金は1,400万ウォン(約154万円)、一般開催は474万5千ウォン(約52万円)です。

2023年の賞金王である林採彬の獲得賞金は約3億1,400万ウォン(約3,450万円)と、日本で言えばS1中位クラスの賞金です。しかし、2013年の賞金王が約2億1,000万ウォン(約2,300万円)だったことを見ると、賞金は確実にアップしていると言えます。

また韓国競輪の売上は2013年以降、およそ2兆ウォン(約2,200億円)強で推移してきました。2020年は新型コロナウイルスの影響で3,184億ウォン(約350億円)に急落しましたが、コロナ禍後は回復を見せ、2022年には1兆3,500億ウォン(約1,500億円)まで戻っています。

日本との関わり

1998年10月10日~11日に、小倉競輪場で「第1回日韓親善競輪」(エキシビションレース)が開催されてから、継続して日本と韓国の間で選手の交流が行われてきました。2012年には伊東温泉競輪場で、初の車券発売を伴う開催となる「日韓対抗戦競輪」が開催。第1回は村上義弘選手が開催国の意地を見せて優勝を果たしました。以降、2017年まで計5回、日韓両国で対抗戦競輪が開催されました。内訳は日本選手が2回、韓国選手が3回優勝しており、毎回互角の勝負を繰り広げています。

参考サイト

光明競輪公式サイト:경륜경정총괄본부(競輪経済総括本部)

https://www.kcycle.or.kr/

釜山競輪公式サイト:spo1

https://www.spo1.or.kr/main/main.do

昌原競輪公式サイト

https://www.lepopark.or.kr/main

第6回日韓親善競輪紹介サイト

https://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/report/special/2005/nikkan/nessen.html

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

PIST6公式投票サイトのご登録はこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴15年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴15年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。