その他

【JCSPA】一般財団法人日本サイクルスポーツ振興会って何だ??

一般財団法人日本サイクルスポーツ振興会(JCSPA)とは

一般財団法人日本サイクルスポーツ振興会(以下JCSPA)は、「自転車競技を日本のメジャースポーツに」をモットーに、国内外の自転車関係者と連携しながら自転車競技の支援や実施、自転車文化の醸成にいたるまで、自転車競技の振興のために様々な活動をしている団体。その事業内容は自転車競技大会の開催に留まらず、多岐に渡っている。

各競技の強豪選手が一堂に会したポスター

JCSPAの設立趣旨

公式サイト(https://www.jcspa.or.jp/)の「財団設立趣旨」を基に作成。

サイクルスポーツを日本のメジャースポーツ・文化に

日本の自転車を取り巻く環境は飛躍的に向上しており、通勤・通学や日々の運動に、様々な役割を担っている。しかし、自転車競技の競技人口は、他のスポーツに比べるとまだまだ少ない。若年層への普及・世界的な選手を育成するには、大胆な取り組みが必要である。

財団設立の趣旨

自転車競技の実施・普及・強化には多額の資金が必要となる。1995年に設立された日本自転車競技連盟(JCF)は自転車競技の普及・強化に取り組んでいるが、人材や財源の確保には限界がある。また、サイクルスポーツの普及のためには、自転車の魅力や社会的役割を繰り返し発信していく必要がある。それらの役目を担うために設立されたのが、このJCSPAである。

競輪・トラック競技のトリプルミッション

自転車競技の普及には、「勝利」「普及」「資金」の3つの柱が不可欠。勝つことによって人気が出て資金が集まる⇒資金を強化や普及につなげる⇒普及によって競技人口が増えて強い選手が輩出できる、というサイクルである。しかし、これまでのギャンブルとしての競輪では、アスリートやスポーツという側面に焦点が当たることはなく、その収益も自転車競技の普及・強化に効果的に活用されているとは言えなかった。

競輪においてトリプルミッションを達成するためには、①競輪場をサイクリストが利用できるようにする、②サイクルスポーツの拠点とする、③250mバンクで国際規格のレースを実施することが必要である。また、昨今の競輪選手の世界的活躍、千葉競輪場の250mバンク建設など、自転車競技にプラスに働く要素が増えてきている。

自転車競技全体で見たトリプルミッション

競輪場のトラックを利用するだけでは、多様な自転車競技の普及には十分とは言えない。競技人口を増やすには、幼少期から自転車に慣れ親しむ機会を増やすべきである。

ヨーロッパでは、幼少時からBMXやマウンテンバイクと言ったオフロードバイクに親しみ、自転車の操作技術やバランス感覚を養っている。また、派手なジャンプや技が見どころのオフロードバイクに触れることで、子供に「もっと自転車を楽しみたい」という気持ちが生まれ、自転車競技に参加する土台が形成される。

競輪と自転車競技全体を融合させる

上記のトリプルミッションを達成するためには、オフロードバイクの他、身近な場所で練習でき、なおかつ大会などで人を集めやすいロードバイクやBMXフリースタイルの活用も有効である。

日本の強みは、競輪事業によって自ら資金を稼ぐことが出来る点である。その資金をサイクルスポーツ文化の醸成、自転車競技の普及・強化に使うことで、競技人口の増加・選手のレベルアップに繋がる。また、自転車競技と競輪が連携を強めることで、若い世代のファンが競輪場へ足を運ぶようになる。

JCSPAの事業内容~3本の柱~

JCSPAの事業は、主に環境整備、競技普及、社会貢献の3本の柱から成り立っている。

環境整備

・自転車を安全に楽しめる場所の確保
・自転車競技に気軽に参加できる仕組み作り
・競輪場のサイクルパーク化

競技普及

・自転車競技選手のブランディング
・自転車競技設備の整備
・競技大会の実施や後援

社会貢献

・スポーツを通じた青少年の育成
・地域とのつながりによる地域貢献
・自転車マナーの浸透や安全の啓蒙
・自転車文化の醸造

The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

最新記事 by 競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属) (全て見る)

1 2