競輪予想情報

松戸競輪G3「燦燦ダイヤモンドカップ」3日目レポート&最終日・決勝戦予想…予想は極めて困難、豪華メンバーの決勝戦を探る

ヒヤリとするレースが多かった3日目

松戸G3「燦燦ダイヤモンドカップ」3日目の準決勝が終了。

7Rは藤井栄二の早めの先行を清水裕友が最終ホームで叩き返す展開。番手の桑原大志が離れると、清水の後ろには藤井マークの山田久徳が入り、直線で清水を逆転した。新山響平は6番手に置かれる展開で不発。切り替え追い込んだ鈴木裕はゴール前強襲したが、3着が精一杯だった。

8Rは朝倉智仁が型通りの先行に持ち込むところへ、岩本俊介が襲い掛かる展開。朝倉智を叩くものの、平原康多が岩本マークの萩原孝之を捌き番手へ切り替え。直線は悠々と捕らえて1着でゴールに飛び込んだ。松本貴治は最終バックいいスピードで追い込んだものの不発。切り替え追い込んだ井上昌己がゴール前強襲するも3着だった。

9Rは坂井洋の先行を、深谷知広が打鐘からのロングスパートで粉砕。しかしマーク村上博幸が離れ、番手には坂井が収まる展開に。そのまま坂井が逆転を狙ったが、深谷の粘りも強靭で押し切り。2着にはいったんマークを外した村上博幸が盛り返し、3着に坂井が入った。

3レース全てで番手の選手が離れるシーンがあり、車券を買っていたファンにとってはヒヤリとする1日だったのではないか。結果的にはSS3人を含め、主役と目される選手がほとんど決勝に勝ち上がり、非常に濃いメンバーで決勝戦が争われることとなった。

決勝戦展望

車番選手名登録地年齢期別今回成績
鈴木裕千葉35歳92期❸①③
清水裕友山口25歳105期❹②②
深谷知広愛知30歳96期❷①①
村上博幸京都41歳86期❶①②
平原康多埼玉38歳87期❻①①
山田久徳京都32歳93期①⑥①
岩本俊介千葉36歳94期①①②
並び:⑦①・⑥④・②・③・⑤

ラインが出来たのは⑦岩本俊介①鈴木裕の地元勢と、⑥山田久徳④村上博幸の京都勢。②清水裕友、③深谷知広⑤平原康多の3人は単騎戦を選択した。

最も脚力のある清水、深谷平原が単騎戦を選択したことで、予想が極めて困難となった決勝戦。まず読まなければならないのは、赤板ホームから打鐘で山田岩本のどちらが主導権を握っているか。打鐘過ぎ4コーナー以降は、単騎の3名も自ら仕掛けるレースになるはずで、そこからは自分に都合のいい展開を妄想するしかない。

順当に考えれば、車番が外になった山田が抑え、岩本は早めに引いての⑥④②③⑤⑦①の形から、打鐘前で岩本がカマす展開が最有力。もがき合いになったところを、単騎の3名が巻き返す形か。山田も掛かれば粘りは強靭だが、トップスピードは岩本の方がわずかに上と見て、そこに地元の利を加えて⑦①のラインが一旦前へ出ると見る。それを清水、平原深谷が追う展開になりそうだが、そこから先は競輪の神のみぞ知る世界。単騎の3名がゴボウ抜きしてゴール前勝負に持ち込むか、鈴木が番手を活かして頭勝負に徹するか…。この辺りは、配当とも相談して車券を組み立てていただきたい。

本線は深谷平原のゴール前勝負の③⑤、⑤③。当然、清水が絡む②③②⑤、③②、⑤②も五分。逆転の目は鈴木の絡みで①②、①③、①⑤。波乱は前々粘る山田を活かす村上で④流し。

まとめ

今から本場のファンの唸り声が聞こえてきそうな、極めて難解なレースとなった松戸記念決勝戦。全員にチャンスがあり、収支がプラスとなるのであれば何十点でも買いたくなるような番組となった。皆さんも、最後の一分まで熟慮を重ねて勝負していただきたい。

The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。