競輪予想情報

第62回競輪祭2日目予想

第62回競輪祭2日目予想

「第62回朝日新聞社杯競輪祭」は一次予選および、ガールズグランプリトライアルの予選2走目が行われる2日目を迎える。初日は優勝候補筆頭と目された脇本雄太が8Rで落車するアクシデントを含め、大波乱が続いたが、2日目は果たしてどうか。初日に引き続き、全レースの予想をお届けする。

1R【古性の自在戦に期待した。西国勢逆転も】

賞金ランキング11位から逆転でのグランプリ出場を狙う③古性優作。近況今一つピリッとしないが、別線も不安材料を抱えるここなら底力発揮して上積みを狙う。

マークはこちらも堅実な⑨坂口晃輔。しっかりと食い下がって中部近畿でワンツーが有力と見た。③⑨が本線⑦山崎賢人は寛仁親王牌での落車から1カ月ぶりの実戦、実戦感覚がどうか。①吉澤純平も同様に前回落車で、まずは1走してみての調子の判断。

◎③古性 ○⑨坂口 ▲②小倉 ×⑦山崎 △①吉澤

2R【混戦。島川と新山の力比べに注目】

ここは混戦模様。九州勢がマークに回る①島川将貴が迷いなく仕掛けそうだが、⑨新山響平ももちろん黙ってはいない。両者の先行争いが激しくなりそうで、別線にも十分チャンスが生まれる。

①島川がすんなり主導権を奪えば番手⑦中川誠一郎との①⑦、⑦①が本線だが、⑨新山③木暮安由⑨③、③⑨も互角。主導権争いが長引けば、⑤和田真久留の逆転も十分。手広く狙いたい一戦だ。

◎⑦中川 ○①島川 ▲③木暮 ×⑨新山 △⑤和田

3R【岩本の機動力を得た佐藤が好発進を決める】

最近の連対率が7割に迫り、抜群の安定感を誇示している①佐藤慎太郎。事実上グランプリ出場をほぼ手中に収めており、あとはひたすら上積みを狙うだけという立場。初戦は⑨岩本俊介の番手から貫禄の差し切りだ。

当然①⑨が本線となる。別線では⑦原田研太朗が逆転1番手に挙げられるが、細切れ戦で8番手に置かれるとさすがに厳しい。その点、②村上義弘を背負う⑤野原雅也は活発に仕掛けそうだ。逆転まで。

◎①佐藤 〇⑨岩本 ▲⑤野原 ×⑦原田 △②村上

4R【賞金王・松浦が堂々のレース。2着争いも園田で】信頼度高

競輪祭連覇を狙う不動の賞金王・②松浦悠士が一次予選1走目のトリを務める。メンバーを見渡す限り、その地力に抵抗できそうな選手は見当たらない。内容重視のレースで堂々と勝ち進むと見て、自信の◉を進呈。

マークは⑨園田匠。百戦錬磨の地元バンクならいくらでもリカバリーは効くはずだ。②⑨が本線。別線では⑤東口善朋⑦内藤秀久とコースを突ける選手が揃っているだけに、ゴール前混戦になれば浮上のシーンも十分。

◉②松浦 〇⑨園田 ▲⑤東口 ×⑦内藤 △③三谷

5R【新田ー守澤の東北勢が別線を圧倒する】

予選1走目はやや強引な仕掛けになったものの、力でねじ伏せた⑦新田祐大。2車ずつの細切れ戦となったことでここも7番手から巻き返すレースになりすだが、地力上位は明らか。ここもロングスパートで別線を抑え込む。

初日は番手を失い7着大敗となった②守澤太志は、2着以上を取らなければ勝ち上がりが厳しくなるだけに何としても食い下がる。⑦②が本線。別線では積極策を取りそうな南関東勢の粘り込みに一考。

◎⑦新田 ○②守澤 ▲④岡村 ×③椎木尾 △①根田

6R【深谷が兄貴分・吉田を連れて恩返しの仕掛け】

初日は人気に応えてワンツーを決めた③深谷知広。2走目の番手は同郷の⑦吉田敏洋となった。幾多のビッグレースで共闘してきた良き兄貴分との連携も残りわずか。阿吽の呼吸でワンツーを決めたい。

当然③⑦、⑦③が本線となるが、別線では初日の先行が粘り強かった④坂井洋が強敵か。番手②諸橋愛の仕事次第では逆転も。もつれる展開なら九州勢や⑤山崎芳仁が捲り迫って一気に混戦に。

◎③深谷 ○⑦吉田 ▲②諸橋 ×⑤山崎 △⑨山田

The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。
1 2