競輪のあれやこれや

【緊急企画】祝・高木真備選手300勝達成!その軌跡を振り返る

写真:函館競輪Twitterより

高木真備選手300勝達成

10月22日の佐世保7Rを制した高木真備(東京・106期)選手が、ガールズケイリン通算300勝を達成しました。デビューから6年6カ月での達成となり、ガールズの通算300勝達成は今年6月に達成した児玉碧衣(福岡・108期)選手に続く、5人目の記録となります。今回は緊急企画と題して、高木真備選手のこれまでの足跡を振り返ります。

初勝利

初勝利は、2014年6月20日の松戸競輪場でした。デビュー4場所目での初勝利となり、この節は決勝戦まで進んでいます(6着)。現在の快進撃を考えると、意外と初勝利まで時間がかかった印象もありますが、当時からすでに持ち味の自力勝負で能力の片鱗を見せていました。

初優勝

初優勝は2014年8月9日の玉野競輪場。雨が降る厳しいコンディションの中、最終ホームから雨を切り裂いて先行。2番手を追っていた小坂知子選手以下を振り切って、見事逃げ切りで初優勝を決めました。

初のビッグレース参戦

初のビッグレース参戦は2015年の函館サマーナイトフェスティバル。デビュー1年強での大舞台となりましたが、成績は5着、4着、1着。最終日にビッグ初勝利を飾りましたが、予選道中では同期の小林優香選手や、加瀬加奈子選手、梶田舞選手といった先輩選手に完敗。ほろ苦いビッグレース初舞台となりました。

ビッグレース初優勝

ビッグレース初優勝は2016年の松戸オールスター。ファン投票第1位でガールズコレクション松戸ステージに選出され、児玉碧衣選手、梶田舞選手、奥井迪選手、石井寛子選手、山原さくら選手と超強豪選手を向こうに回して完勝。ファンからの圧倒的な人気に応えました。

100勝目

メモリアルの100勝目は2017年1月8日の西武園競輪場。昨年2016年の1年間で17回もの優勝を重ね、急激にトップ選手としての地位を確立しました。この日も自慢の先行勝負で2着以下を圧倒し、記念の100勝を飾りました。

ガールズドリームレース2017優勝

続いてのビッグレース制覇は2017年のいわき平オールスター。この年から開催されたガールズドリームレースに出場し、同期最強のライバル・小林優香選手の捲りをタイヤ差捕らえて2年連続のオールスター制覇を飾りました。

200勝目

200勝目は2018年10月26日の福井競輪場。打鐘で内に包まれかける厳しい展開を切り抜け、最後は後続に2車身差をつけて快勝。見事、ガールズ史上8人目の通算200勝を達成しました。

止まらない今年の活躍~ガールズケイリンフェスティバル&ガルコレ伊東優勝

そして、今年の活躍は皆さんご存じの通り。いわき平競輪場で行われたガールズケイリンフェスティバル2020では、児玉碧衣選手の連勝を24でストップさせる優勝劇。さらには伊東温泉競輪場で行われたガールズケイリンコレクション伊東ステージでも人気に応えて快勝。その進化は留まるところを知りません。

過去の300勝達成選手は?

過去にガールズで300勝を達成した選手(と達成日)は、

奥井迪(東京・106期/2019年1月16日)選手

石井寛子(東京・104期/2019年2月17日)選手

山原さくら(高知・104期/2019年2月22日)選手

児玉碧衣(福岡・108期/2020年6月25日) 選手

の4名です。

いずれもガールズケイリンのトップ選手ばかり。華々しいリストに、高木選手の名前が刻まれました。

まとめ

今年はビッグレース2勝を挙げ、賞金ランキングでもトップを独走する高木真備選手。すでにグランプリ出場は確定的であり、昨年不出場に終わった悔しさを晴らせるかにも注目が集まります。進化を続ける高木選手から、これからも目が離せません。

高木真備選手Twitterはこちら↓

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

友だち追加
公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

オススメ記事

【速報】KEIRINグランプリ2020出場選手決定!!【競輪グランプリ】 KEIRINグランプリ2020出場選手決定 競輪祭が終了し、KEIRINグランプリ2020出場選手が決定した。今年のグラ...
ROAD TO KEIRINグランプリ~競輪グランプリ2020への道~獲得賞金ランキング上位30傑競輪選手の獲得賞金上位30名を随時更新!KEIRINグランプリ(競輪グランプリ)へ向けて必見です!...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。