競輪のあれやこれや

ROAD TO KEIRINグランプリ~競輪グランプリ2020への道~獲得賞金ランキング上位30傑

今年のKEIRINグランプリ出場を懸けた争いは…

2020年のKEIRINグランプリ(競輪グランプリ)出場、そして2021年のS級S班を懸けた争いも最終盤に突入。残すG1は小倉競輪祭の1つとなった。このページでは、獲得賞金上位30名を随時更新すると共に、グランプリ出場へ向けた展望を掲載していく。

※スマホ版では表の表示が崩れる場合がありますので、グレードレース優勝回数のないランキングをご覧になりたい場合はこちらへどうぞ。→

獲得賞金上位30名

現時点での獲得賞金上位30名は以下の通り(10/19更新)。選手名の太字は、G1を優勝してグランプリ出場権を獲得している選手。

選手名登録地賞金額G1G2G3
1松浦悠士広島SS141,570,000円☆☆☆
2脇本雄太福井SS99,889,000円☆☆
3清水裕友山口SS69,769,000円☆☆
4平原康多埼玉SS55,189,400円☆☆☆
5郡司浩平神奈川SS52,889,000円☆☆☆☆
6和田健太郎千葉S147,105,800円
7佐藤慎太郎福島SS46,618,000円
8山田英明佐賀S143,457,000円
9守澤太志秋田S142,949,900円
グランプリ出場ボーダー
新田祐大福島SS41,723,000円
古性優作大阪S137,211,700円
浅井康太三重S136,578,000円☆☆☆
中本匠栄熊本S136,421,200円
諸橋愛新潟S134,260,000円
原田研太朗徳島S133,020,700円
東口善朋和歌山S129,482,500円
稲川翔大阪S127,184,400円
園田匠福岡S125,502,800円
岩本俊介千葉S125,355,700円
吉澤純平茨城S124,395,000円
内藤秀久神奈川S124,309,200円
鈴木裕千葉S123,193,000円
村上博幸京都SS22,983,000円
稲垣裕之京都S122,709,000円
菅田壱道宮城S122,531,000円
山崎芳仁福島S121,386,000円
新山響平青森S122,482,200円
小松崎大地福島S122,370,000円
大槻寛徳宮城S122,321,200円
吉田拓矢栃木S122,249,800円

(10/19更新)

現時点での賞金ランク1位は依然として松浦悠士。オールスター、ウィナーズカップの他、記念競輪を3勝する大活躍で、現時点で1億4千万円を超える荒稼ぎぶり。それもそのはず、昨年10月の久留米記念から丸1年間決勝を外していないのだ。その決勝戦の成績も、3着内率は優に60%を超えている。SSに相応しい成績でファンの期待に応え続ける松浦に、今のところ死角はない。

2位は脇本雄太先日の寛仁親王牌で新田祐大との極限のスピードバトルを制し、今年G1・2勝目を飾った。高松宮記念杯以降のわずか6開催で1億円を稼ぎ出す走りはさすがの一言。更に今年の成績は23戦17勝、勝率73.9%と異次元そのもの。進化を続ける脇本の進撃を止められる選手は果たして現れるのか。3位は清水裕友。全日本選抜、サマーナイトフェスティバルを制し獲得賞金は7,000万円弱としているものの、オールスター以降は別人のように精彩を欠く走りが続いている。グランプリまでの2か月間で、どこで逆襲に転じるかに注目が集まる。

4位は平原康多。G1・G2優勝こそないものの、記念優勝3回、全日本選抜準優勝で堅実な稼ぎぶり。8年連続のグランプリ出場はほぼ安全圏だ。5位の郡司浩平は記念競輪4回の優勝も、G1・G2では準決勝以降で今一つ勝ち切れないレースが続く。すっかりG1決勝の常連となった和田健太郎は高松宮記念杯準優勝で初のSS入りを狙う。昨年のグランプリ覇者・佐藤慎太郎は優勝こそないものの、各開催最低2回以上は車券に絡む安定感でグランプリ圏内に付ける。

8位の山田英明は9月の向日町記念優勝、寛仁親王牌決勝進出でグランプリ圏内に突入。それだけに、共同通信社杯1着入線失格は痛恨だった。そして、オールスター、ウィナーズカップ、寛仁親王牌と3度のビッグレース決勝が光る守澤太志が9位に食い込む大健闘。ここまでがグランプリ出場圏内となる。

新田祐大は寛仁親王牌準優勝で一気に10位までジャンプアップ。次回出走は競輪祭となるため、決勝進出がグランプリ出場への絶対条件となる。その後ろはやや離れて、オールスター決勝3着の古性優作が11位。SS復帰を目指す浅井康太、諸橋愛の両者がすぐ後ろの12位、14位に付け、その間の13位には共同通信社杯を制した中本匠栄が控える形。そして7月地元記念制覇の原田研太朗までが現在のボーダー争いを演じている。

村上博幸、中川誠一郎の両S級S班は今年優勝に恵まれずそれぞれ23位、32位に甘んじている。残り2カ月でグランプリ圏内まで巻き返せるか。

今後の出走予定

2位の脇本、10位の新田は11/18~の競輪祭に直行の予定。その他の選手は、G3ないしF1を1~2戦挟んで競輪祭に参戦する。今のところ、獲得賞金上位50名は全員競輪祭に出場予定。

このページでは、ビッグレース開催後に賞金ランクを大幅更新。グランプリ出場へ向けた各選手の条件なども更新予定なので、どうぞご期待いただきたい。

S級S班についてはこちらも参照⇒

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

オススメ記事

ROAD TO KEIRINグランプリ~競輪グランプリ2020への道~獲得賞金ランキング上位30傑競輪選手の獲得賞金上位30名を随時更新!KEIRINグランプリ(競輪グランプリ)へ向けて必見です!...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
祝・無敗のS級特別昇級!山口拳矢の軌跡を振り返る 無敗の24連勝で特別昇級 今日、和歌山競輪場でA級決勝を制した山口拳矢(岐阜・117期)は、7月の本デビューから18連勝...
競輪場のマスコットキャラクターを一挙紹介!お気に入りのゆるキャラを見つけよう!競輪場のマスコットキャラクター・ゆるキャラを一挙紹介。お気に入りのマスコットキャラクターを見つけて、それをお目当てに競輪場へ足を運んでみましょう。...
The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。