競輪情報あれこれ

ROAD TO KEIRINグランプリ~競輪グランプリ2020への道~獲得賞金ランキング上位30傑

今年のKEIRINグランプリ出場を懸けた争いがついに決着!

年初から11カ月にわたって繰り広げられたグランプリ出場争いも、ついに決着。KEIRINグランプリ2020に出場する9選手が決定した。

※スマホ版では表の表示が崩れる場合がありますので、グレードレース優勝回数のないランキングをご覧になりたい場合はこちらへどうぞ。→

獲得賞金上位30名

競輪祭終了時点での獲得賞金上位30名は以下の通り(11/23更新)。選手名の太字は、G1を優勝してグランプリ出場権を獲得している選手。

選手名登録地賞金額G1G2G3
1松浦悠士広島SS147,220,500円☆☆☆
2脇本雄太福井SS100,062,800円☆☆
3郡司浩平神奈川SS90,330,000円☆☆☆☆
4平原康多埼玉SS82,291,900円☆☆☆☆
5清水裕友山口SS75,612,000円☆☆☆
6佐藤慎太郎福島SS57,065,000円
7和田健太郎千葉S156,477,800円
8新田祐大福島SS50,454,000円
9守澤太志秋田S149,594,900円
グランプリ出場ボーダー
山田英明佐賀S147,723,000円
古性優作大阪S146,496,700円
諸橋愛新潟S145,504,000円
稲川翔大阪S142,584,400円
中本匠栄熊本S140,089,200円
浅井康太三重S139,681,600円☆☆☆
原田研太朗徳島S135,151,700円
東口善朋和歌山S133,720,500円
園田匠福岡S130,117,800円
岩本俊介千葉S129,064,700円
菅田壱道宮城S128,871,500円
内藤秀久神奈川S127,325,200円
稲垣裕之京都S127,160,000円
鈴木裕千葉S127,112,000円
吉澤純平茨城S126,960,200円
村上博幸京都SS26,528,800円
吉田拓矢茨城S126,251,800円
小倉竜二徳島S126,068,000円
山崎芳仁福島S125,996,000円
坂口晃輔三重S125,881,100円
新山響平青森S125,840,200円

1位は2位以下に4,700万円の差を付け、ダントツで松浦悠士となった。競輪祭の失格で連続決勝進出は途切れたものの、オールスター、ウィナーズカップの優勝で獲得賞金は1億4,700万円と圧倒的。1年で競輪界最強の自在型に変貌を遂げた男が、グランプリも制して一気に頂点へと駆け上がるか。

2位はほぼちょうど1億円を稼ぎ上げた脇本雄太。6月から競輪に復帰してからは、高松宮記念杯と寛仁親王牌優勝を含め、わずか6開催で1億円を達成する驚異のチャージを見せつけた。戦歴も24戦17勝、勝率70%と圧倒的。競輪祭初日での落車の影響は気がかりだが、グランプリでも世界のスピードを見せつけることとなるか。

3位は競輪祭で悲願のG1制覇を果たした郡司浩平。ついに「無冠の大器」を卒業し、タイトルホルダーとしてグランプリへ駒を進めることとなった。嵌った時の破壊力は誰もが認めるところ。今年は和田健太郎もグランプリに出場し、ラインが出来るのも心強い。

4位は8年連続のグランプリ出場となる平原康多。今年もG1タイトルには手が届かなかったが、全日本選抜、競輪祭準優勝と1年を通して不調らしい不調なく過ごしてきた。グランプリは通算11度目の挑戦。今年こその思いは誰よりも強い。

5位は全日本選抜を制した清水裕友。前半戦は松浦との「ゴールデンコンビ」で競輪界を席巻。タイトルを”たらい回し”にしてきた。しかし、オールスター以降は明らかにリズムが変調。11月地元記念は制したものの、競輪祭では負け戦でも大敗を喫する出来となっている。グランプリまでにどこまで復調するか。

6位はグランプリ連覇を狙う佐藤慎太郎。ついに今年もG1タイトルに手が届かなかったが、その安定感は誰もが認める所。今年は東北3人が揃って出場するだけに、連覇の可能性は十分だ。

7位はデビュー18年目にして初のグランプリ出場を果たした和田健太郎。1年を通して安定した走りを見せ、3度のG1決勝進出で夢舞台に駒を進めた。郡司とのタッグで強敵打破を狙いたい。

8位はご存じ新田祐大。こちらも脇本同様に高松宮記念杯からの競輪参戦となった。当初は出遅れたが、9月共同通信社杯以降の猛チャージで6年連続の出場を決めた。今年も脇本との極限スピードバトルが見られそうだ。

そして9位はこちらも初出場となる守澤太志。ウィナーズカップ、オールスター、寛仁親王牌決勝進出で最後の1枠に滑り込んだ。ここまでG3制覇1度の伏兵が、グランプリであっと驚く快走を見せるか。

ここまでがグランプリ出場の9選手。10位で次点に泣いたのは山田英明。今年はG1・3度の決勝進出など活躍を示し、最後の最後まで出場を争ったが、あと一歩グランプリに手が届かなかった。やはり、共同通信社杯での失格が悔やまれるところだろう。

なお、今年のSSは9名中7名がその地位を維持することとなったが、残りの2名である村上博幸は25位、中川誠一郎は39位となり、SS陥落が決定した。

今後の出走予定

脇本、郡司、平原、清水、新田の5名はグランプリに直行の予定。

松浦、佐藤は12/3~別府G3、和田、守澤は12/10~松戸G3に斡旋されているが、欠場の可能性も高く注意が必要。

S級S班についてはこちらも参照⇒

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。