競輪情報あれこれ

【競輪】グランプリ優勝者と現役引退―王者の引き際を振り返る

小橋正義(岡山⇒新潟)

鋭い末脚と天才的なレース勘でタイトルを積み重ね、”名刀正義”と称えられた小橋正義。1995年以降は新設されたG1・寛仁親王牌を4度も制し、その勝負強さは天下一品であった。現役晩年は2013年までG1に出場したが、力の衰えもあり2015年後期に28年間在籍したS級からA級に陥落。A級でも気迫あるレースを展開していたが、2017年1月に引退を表明した。同年1月12日、登録消除。引退時の級班はA級1班であった。

山田裕仁(岐阜)

2002年、2003年と史上初のグランプリ連覇を達成し、また初めて6番車でのグランプリ優勝を成し遂げたことから”最強の6番車”、”中部の帝王”と畏れられた山田裕仁。全盛期の捲りは神山雄一郎・吉岡稔真といったトップレベルにも引けを取らない力強さがあり、中部地区の司令塔として戦い続けた。現役最晩年まで捲り兼備の自在型として活躍したが、2014年3月の名古屋日本選手権を最後に引退を表明。同年5月26日に登録消除。引退時の級班はS級1班であった。

山口幸二(岐阜)

今や競輪界のご意見番としてすっかりお馴染みの山口幸二。現役時代は2度のグランプリ制覇を果たしたが、2回目となった2011年は中部3番手から追い込み、43歳5カ月で優勝。この記録は最年長優勝記録として、今なお破られていない。翌2012年も2度のG1決勝進出を果たしたが、グランプリ出場権は得られずS級S班からの陥落が決定。決勝に進んだ競輪祭(7着)を最後に引退を表明した。同年12月25日、登録消除。引退時の級班はS級S班であった。SS格付けのまま引退した選手は、2009年に急逝した手島慶介(群馬)と山口の2人のみである。

児玉広志(香川)

小柄な体格と、それを補って有り余る気迫溢れるレースが持ち味だった香川の勝負師・児玉広志。時には落車・失格も厭わない危険な走りを展開することもあったが、1996年~2000年にかけて5つの特別競輪タイトルを獲得した実力は本物であった。2001年以降は過度な落車により成績も下降したが、現役最晩年までS級1班を維持し、存在感を見せつけた。2015年8月7日、登録消除。引退時の級班はS級1班であった。

加藤慎平(岐阜)

変幻自在の立ち回りで2000年代中盤の競輪界を盛り上げた加藤慎平。特に、2005年は12月の岸和田全日本選抜でG1初優勝を飾ると、その勢いのままにグランプリを制覇。G1初制覇後わずか1カ月でグランプリ優勝という離れ業を成し遂げた。その後は2010年に発症した腰痛を押しながら現役を続行。2019年前期のA級陥落を前に、2018年12月13日で登録を消除した。引退時の級班はS級2班であった。

有坂直樹(秋田)

全盛期は鋭い捲り・差しを武器に一線級で活躍。2006年、37歳で初出場を果たしたKEIRINグランプリでは、北日本3番手から直線中をこじ開けて優勝。その他、2005年には第1回のサマーナイトフェスティバルを制し、ナイターレースでの強さから元祖「夜の帝王」と呼ばれた。現役最晩年は腰痛・膝痛に悩まされ、成績が降下。2022年のA3降班を待たずして、2021年9月30日に引退となった。 引退時の級班はA級2班であった。

まとめ

今回は、グランプリ優勝選手の引き際についてご紹介した。S級、それもトップクラスに君臨したままバンクを去る者、A級に陥落しても限界まで戦い続ける者と、その最後は様々である。現在もG1で戦い続ける選手は、どのような身の引き方を選択するのか―。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

PIST6公式投票サイトのご登録はこちら!

今なら最大1500円分のポイントがもらえる新規入会キャンペーン実施中(^^)

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴15年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴15年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。
1 2 3