その他

【競輪】競輪選手の引退コメントを紹介していく

競輪選手の引退コメント

この記事では、引退した競輪選手が引退に際して残したコメントを、一部抜粋して紹介する。

村上義弘(京都)

KEIRINグランプリ2度、日本選手権4度の制覇を誇る「魂のレーサー」。徹底先行で一時代を築き、自在に転向してからも近畿地区の総大将として競輪界を引っ張り続けた。2022年引退。

(引退会見での村上選手にとって競輪とは?という問いに)

「僕の人生そのもので…。それしか知らないので。競輪以外のことを考えたことがなかった。…競輪があったおかげで人生を救われて。これからも(競輪に)感謝し続けていきたいなと思います」

鈴木誠(千葉)

輪界最高の自在型選手として1991年のKEIRINグランプリを制覇。その後、2005年には当時39歳で地元・松戸の日本選手権を優勝した。2018年引退。

立川競輪YouTubeチャンネルより引用

(松戸競輪場での引退会見で)

「私は競輪が大好きで、常日頃から『クビになるまで現役を続ける…』と申しておりましたが、半年くらい前から怪我による痛みで…このままの状態では大好きな競輪、自転車が大嫌いになってしまうと思い…」

後閑信一(東京)

G1・3勝。2013年には43歳で、地元・京王閣のオールスターを捲って優勝した。その風貌と自力を貫く競走から、「ボス」の愛称がよく知られている。2018年引退。

京王閣競輪YouTubeチャンネルより引用

(京王閣競輪場での引退セレモニーで)

「本当に、我が競輪人生に悔いはありませんでした」

市田佳寿浩(福井)

2010年の寛仁親王牌を優勝。幾多の落車・怪我より立ち直る姿から、いつしか「不死鳥」と呼ばれるようになった。2018年引退。

福井競輪YouTubeチャンネルより引用

(福井競輪場での引退報告会で)

「自分はやっぱり選手として、『不死鳥・市田、フェニックス・市田』と支えていただいた、生き甲斐を頂いたので、諦めたくない一心でここまできた…」

三宅伸(岡山)

競輪学校64期在校1位として、長くG1戦線で活躍。2008年の全日本選抜では、同郷の後輩・石丸寛之の番手からG1初優勝を飾った。2022年引退。

玉野競輪YouTubeチャンネルより引用

(玉野競輪場での引退セレモニーで)

「40歳くらいで引退していたらもう一度競輪選手になりたかったんですけど、今はもうちょっと考えますね…体がしんどい」

萩原操(三重)

1980年代から長くS級で活躍し、数々の競輪最高齢記録を打ち立てたレジェンド。選手指導にも定評があり、数多くの弟子を育てたことでも知られる。2022年引退。

松阪競輪YouTubeチャンネルより引用

(松阪競輪場での引退セレモニーで)

「ここまでやってこれたのも、本当に弟子のおかげだと思ってます。だから弟子を育てたというよりか、自分が育てられたような気がします」

高木真備(東京)

2021年のガールズグランプリなどを優勝した、ガールズケイリンを代表する選手。実力とルックスでアイドル的な人気を博した。2022年引退。

立川競輪YouTubeチャンネルより引用

(CS中継内の引退報告で)

「自分の中でグランプリがラストランみたいな感じで。一番良い結果を残せたレースだったので、あそこが私のゴールだったのかなと…」

一丸安貴(愛知)

1990年代~2000年代に長くG1戦線で活躍。現役晩年には日本競輪選手会愛知支部長として、競輪場のPRにも尽力した。2023年引退。

名古屋競輪YouTubeチャンネルより引用

「選手としてはもちろんですが、支部長としての思い出もいっぱい頂きまして…本当に良い競輪人生でした」

砂川秀樹(神奈川)

通算361勝、優勝21回。S級での実績は無かったが、ラストランまで自力を発揮し続けたスタイルがファンに人気を博した。2021年引退。

静岡テレビセンターYouTubeチャンネルより引用

(ラストラン直後に)

「多分、同期(59期)で最後に逃げ切ったのって私だと思うんですよ。大きい成績は残してないですけど、それだけは自慢させていただきたいです」

全てを出し切った後、心の底から絞り出されたコメントの数々。読者の皆さんには、思い出に残っているコメントはあるだろうか。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

PIST6公式投票サイトのご登録はこちら!

今なら最大1500円分のポイントがもらえる新規入会キャンペーン実施中(^^)

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴15年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴15年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。

最新記事 by 競輪歴15年(みんなの競輪チーム 所属) (全て見る)