競輪予想情報

和歌山競輪G3「岸和田キング争覇戦in和歌山」決勝戦結果&回顧

和歌山競輪G3 決勝戦結果

和歌山競輪G3「岸和田キング争覇戦in和歌山」は今日決勝が行われ、広島98期の松浦悠士が優勝した。松浦のG3優勝は通算7回目。岸和田記念は初優勝となった。2着には稲川翔、3着には和田健太郎が入った。払戻金は2車単が②③で1,100円(3番人気)、3連単が②③①で4,270円(10番人気)

決勝戦回顧

初手は⑤浅井⑥恩田⑦小松崎⑨守澤④和田真①和田健⑧才迫―②松浦―③稲川。赤板から④和田真⑧才迫が同時に動くが、⑧才迫が一気にダッシュを仕掛け主導権。広島勢には終始③稲川が追走。中団は④和田真⑦小松崎でもつれ、それを後方から⑤浅井が捲るが、②松浦が番手捲りで振り切り直線へ。最後は②松浦が③稲川の猛追をわずかに振り切って優勝のゴールを飾った。

重圧を跳ねのけて自らの仕事を果たした後輩と、その気持ちに応えた先輩の好連携が決まり、見事松浦悠士が岸和田キングの座に輝いた。

初手でスタートを控えた時点で、広島勢の主導権が有力に。地元で意地を見せたい稲川翔は初手から決め打ち的に広島勢を追走したが、結果としてこの作戦が奏功した。赤板では和田真久留が広島勢を牽制しながら前に踏んだものの、先にインを切ったことで、ダッシュ力に自信のある才迫にとっても主導権が奪いやすい形となった。

その上、小松崎大地が中団に追い上げたことで4番手が併走となり、ますます松浦にとっては理想的な隊列に。8番手からは浅井康太が渾身の力で捲りを放ったが、松浦に番手捲りを打たれては成す術無し。中団で落車が発生したこともあり、直線は松浦と稲川のマッチレースとなったが、最後までしっかり踏み切った松浦が稲川を3/4車輪差振り切った。

決してコンディションは最高潮と言えるレベルではなかったが、レースを重ねる毎に状態を上げ、決勝は後輩の頑張りもあって最高の結果を出すことが出来た松浦。昨年のオールスター同様、ここぞの場面での底力を存分にアピールする結果となった。これで2021年最高のスタートを切り、再度のG1獲りへ邁進することだろう。

惜しくも2着となり、初の地元記念制覇はまたもお預けとなった稲川だったが、古性優作、寺崎浩平など同地区の自力が相次いで姿を消す苦しい戦いの中で最高に近い結果を出すことが出来たのではないか。今年も近畿の中核として若手を引っ張っていくと共に、自身2度目のG1制覇を狙いたい。

和田健太郎は目標の和田真久留がインに詰まる最悪の展開も。最後は自ら大外を踏み上げて何とか確定板入り。グランプリ覇者として最低限の恰好は付けた。今後も厳しいプレッシャーとの戦いとなるが、あのタテ脚が出せれば1年間責任を果たすことはそう難しくないだろう。

松浦の前回りという重責を果たし見事優勝に貢献した才迫も、今回の4日間で大きくを株を上げたことだろう。成績にムラはあるものの、ハマった時の爆発力は相当なもの。今後の活躍にも期待したい。

表彰式の様子

まとめ

前回の立川記念に続き、今回もS級S班の制覇で幕を閉じた「岸和田キング争覇戦in和歌山」。次回のグレードレースは明後日14日(木)から開催される、大宮競輪G3「東日本発祥倉茂記念杯」となる。記念連覇に挑む地元の大エース・平原康多を中心に熱戦を展開する。どうぞお楽しみに。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。