競輪予想情報

富山競輪G3「瑞峰立山賞争奪戦」開催展望

富山競輪G3 開催展望

8月20日(土)~8月23日(火)、富山競輪場でG3「瑞峰立山賞争奪戦」が開催される。好メンバー集結の本開催を展望する。

S級S班

サマーナイトフェスティバルを制した松浦悠士

オールスター決勝を大いに沸かせた松浦悠士(広島)が早速参戦。S級S班でもトップの立場にありながら、一度の欠場もなく走り続ける姿には頭が下がる。2019年以来の参戦となるが、その時は人気に応えて堂々の優勝。過去の成績を見ても連対率自体はそこまで悪くない。メンバー中でも正直一枚抜けた存在で、順当なら完全優勝があってもおかしくないだろう。

今年はまるでいい所が無い宿口陽一(埼玉)だが、前回地元オールスターでは5日目、最終日と連勝を挙げて意地を見せた。G3優勝すらない今の状態はS級S班としてはあまりにも寂しい。せめて決勝には進み、存在感を示したい。なお、平原康多(埼玉)もあっせんを受けているが、前回オールスターで落車しており、出場するかどうかは不透明だ。

逆転期す

今節得点最上位の荒井崇博

44歳にして充実期を迎えている荒井崇博(佐賀)がSS逆転の急先鋒。前回に続き、今回もSSやほかの選手を抑えて得点最上位の座に就いた。オールスターは準決勝失格の憂き目に遭ったが、今年の連対率は50%をキープしているように絶好調。自在に構えて戴冠を狙う。今年G1・3度の準決勝進出がある新鋭・嘉永泰斗(熊本)や機動力屈指の岩谷拓磨(福岡)が前を務めれば、強力なタッグが完成しそう。

ケガを乗り越えて、前回オールスターでG1決勝の舞台まで戻ってきた吉澤純平(茨城)も侮れない。今年は6月の地元記念で優勝。状態は一貫して高いレベルで安定している。自力も健在だが、今回は関東の後輩も多いだけに基本は番手戦になりそう。有利な展開を活かしたい。

中四国勢の軸は小倉竜二(徳島)。近況1着こそ少ないものの、堅実なマークで存在感は随一。別線の機動型がつつき合う展開になれば必殺の末脚が炸裂する。前を任せる原田研太朗(徳島)、取鳥雄吾(岡山)はムラなタイプだが、一撃の破壊力は十分で、ハマれば優勝争いまで。

地元地区の中部勢は相変わらず頭数こそ少ないが、注目の山口拳矢(岐阜)が参戦。富山は初登場となるが、変わらず強気な攻めで突破口を見出したい。皿屋豊(三重)、竹内雄作(岐阜)と地力は確かな選手が参戦するだけに、地元地区としての意地を見せたいところ。

北日本勢も骨っぽいメンバーが集結。機動力随一の渡邉一成(福島)を筆頭に、追い込み鋭い大槻寛徳(宮城)、和田圭(宮城)、渡部幸訓(福島)と争覇級がズラリ。展開次第では大挙して決勝参戦も十分だ。

一方、富山記念3連覇を目指す稲垣裕之(京都)はやや近況物足りなさが残る現状。同じ近畿の選手層もやや手薄だけに、ここは苦戦を強いられそうだが、相性の良さで何とか決勝に進みたい。

注目の地元勢

昨年に続く決勝進出が期待される宮越孝治(4番車)

2004年の小嶋敬二以来、18年ぶりの記念優勝を目指す地元勢は3名が参戦。昨年、準決勝を1着でクリアし、決勝も4着に健闘した宮越孝治が地元大将格。今年も6月岐阜で柴崎淳を差して優勝するなど、43歳を迎えてもタテ脚に衰えは感じられない。今年も決勝進出を目標に、ファンの後押しを受けて力走を見せる。

一方、最後の地元勢記念優勝者である小嶋敬二は、近況敗者戦を中心に5節で4勝を挙げており、一時期の最悪な状態からは脱した模様。現在、通算798勝。節間2勝を挙げ、800勝のメモリアルを地元で飾れれば最高だ。その他、伊藤健詞は前回岸和田で決勝進出。経験豊富な地元バンクで健闘を期待したい。

富山記念開催中の本場イベントはこちら!

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。