競輪予想情報

武雄競輪G3「大楠賞争奪戦」決勝戦結果&回顧

武雄競輪G3 決勝戦結果

武雄競輪G3「大楠賞争奪戦」は今日決勝が行われ、広島98期の松浦悠士が優勝した。松浦のG3優勝は今年4回目、通算10回目。2着には小倉竜二、3着には佐藤慎太郎が入った。払戻金は2車単が③⑦で450円、3連単が③⑦⑨で4,400円

決勝戦回顧

初手は⑤清水裕友③松浦悠士⑦小倉竜二⑥室井健一⑧山田庸平①山田英明―②郡司浩平―④岩本俊介⑨佐藤慎太郎。赤板で②郡司⇒⑧山田の順で前に出るが、すかさず⑤清水が仕掛ける。打鐘から先行争いとなり、⑤清水が力でねじ伏せて先行。最終バックで②郡司も捲ったが、番手から③松浦がこれを合わせて番手から踏み込み、直線も後続を追い上げを振り切って優勝。2着にはマーク⑦小倉、3着には切り替え追い込んだ⑨佐藤が入った。

競輪界トップクラスの、力と力の激突。見ごたえある攻防を制したのは、やはり松浦悠士だった。

まず一つ目の見どころは、打鐘での山田庸平と清水裕友の先行争い。先に抑えて出た山田庸は、清水を出してしまっては一巻の終わり。決死の覚悟で突っ張り、番手の山田英も必死の抵抗で中四国勢に抵抗した。それでも、地力に勝る清水が力でまさにねじ伏せ、この時点で地元勢は勝負権を失った。

そして二つ目は、郡司浩平と番手捲りの松浦悠士の力比べ。最終バック手前からスパートした郡司は出足も良く、一旦は完全に前を呑み込む勢いで前に迫った。しかし、待ち受けていた相手は松浦。番手から絶妙のタイミングで牽制し、最終2センターで番手捲り。郡司の強襲を振り切った。

郡司の走りも決して悪くはなく、むしろ適切なタイミングで仕掛けた。しかし初日特選で完封を食らった清水の気持ちと、松浦の出来の良さが、わずかに郡司のそれを上回ったのだろう。このレベルになると、どの要素にせよわずかの差が如実に結果となって表れるだけに、ここは展開の向き不向きと気持ちの差が明暗を分けたと言える。

今年4回目の記念優勝となった松浦は、4回の優勝いずれも番手戦によるもの。展開を活かす力、更には不利な形に追い込まれてのリカバリー能力はさすがの一言であり、清水とのゴールデンコンビでの走りも安定感抜群。当然5月の日本選手権でも優勝争いが期待される。一方の郡司も敗れはしたものの、準決勝までの走りは圧巻の一言で、調子には全く不安がない。この出来をキープすれば、日本選手権でも決勝進出は必至だろう。

また、直線の伸びが目を引いたのは3着の佐藤慎太郎。ここのところやや低空飛行が続いていたが、決勝の切り替え・コース突き・伸びはいい頃の走りに戻ってきており、次回以降の復活が期待される。地元の山田兄弟は強敵相手に必死の抵抗を試みたが、別線との地力の差をまざまざと見せつけられた、やはりこのクラスに入ると、優勝には相当展開に注文が付きそうだ。

https://twitter.com/1makubannin/status/1386223334765985792

まとめ

松浦悠士の優勝で幕を閉じた武雄記念が終了し、次回のG3開催は4月29日(祝・木)から奈良競輪場で開催される「施設整備等協賛競輪秋篠賞」。日本選手権直前でSS不在となり、傑出者不在の大混戦となりそうだ。どうぞお楽しみに。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。