競輪予想情報

KEIRINグランプリ2020(競輪グランプリ)出場選手紹介①~松浦悠士

松浦悠士選手Twitterより(https://twitter.com/yuji14681/status/1259274225249968130

KEIRINグランプリ出場選手紹介

今回から全9回に渡って、KEIRINグランプリ2020に出場する9選手を一挙紹介。第1回は、今年オールスター競輪を制し、堂々の賞金ランキング第1位に君臨する広島98期・松浦悠士を特集する。

デビューからの経歴

デビュー~S級の壁に激突するまで

デビューは2010年7月13日の熊本競輪場。初出走初勝利を飾り、決勝戦では現在もS級で活躍する黒田淳(岡山97期)の2着に入る。その1か月後、地元広島競輪場での開催でデビュー初優勝を飾り、その後も順調にキャリアを重ねていく。

S級初昇級は2013年の7月。デビューから3年での昇級は、スピード出世とまではいかなくとも十分な速さと言える。しかし、S級の舞台では機動力が全く通用せず、決勝進出は1回あったものの勝ち星を挙げることすらできずに半年でA級へ逆戻り。現在の活躍を考えると信じがたい苦戦ぶりだった。

実は、松浦が先行で勝負をしていたのはデビュー2年後くらいまでであり、A級上位戦で急激に成績を伸ばしたのも、捲り中心の自在戦に戦法を切り換えてからであった。現在では先行も含めてまさにオールラウンドな活躍を示しているが、その才能の片鱗は早くから随所で発揮されていた。

S級復帰・中四国有数の自在選手へ

1年後の2015年1月にS級に復帰すると、1月1日の伊東温泉競輪場でいきなりS級初勝利、更には初の決勝進出を果たす(5着)。その後も順調に得点と勝ち星を伸ばし、5月の和歌山競輪場でついにS級初優勝。マーク巧者として鳴らす萩原孝之(静岡80期)を捌き、更には吉田敏洋(愛知85期)の捲りに切り替えて直線逆転するという、まさに縦横無尽の走りで掴んだ優勝であった。

この優勝をきっかけに、松浦は一気にトップクラスへの階段を駆け上がる。7月の地元戦では完全優勝でS級2度目の優勝を果たし、翌年1月の和歌山では初のG3決勝進出。更に4月の静岡日本選手権ではG1初勝利も果たし、自他ともに認める一流選手への道を歩み始めた。

その後は長く中四国期待の若手自在選手として、G1戦線でも存在感を示し、2018年の松戸サマーナイトフェスティバルで特別競輪初の決勝進出。そして年末には、悲願の地元記念初優勝を果たし、飛躍の2019年を迎えることとなる。

2018年広島記念(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=U672k0xraRI

競輪界最強のオールラウンダー誕生

2019年は松浦にとってまさに覚醒・飛躍の年となった。2月の別府全日本選抜では連勝で準決勝に勝ち上がると、準決勝では直線最内を縫うように差し込み3着。G1初の決勝進出を果たした(6着)。その後、ウィナーズカップ(6着)、日本選手権(8着)でも決勝進出。期待の若手は、一気に競輪界でタイトルに最も近い男にまで成長した。

そして迎えた11月の小倉競輪祭。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=SXLdjniL2Y0

予選を③①②①の好成績で勝ち上がると、決勝では翌年の競輪界を共に席巻することとなる盟友・清水裕友の番手捲りを直線で捕らえてG1初優勝。S級復帰から、わずか4年で競輪界の頂点まで駆け上った。

その後の活躍ぶりは、もはや説明不要だろう。KEIRINグランプリ2019は7着に敗れたものの、2020年は競輪祭で失格を喫するまで全ての開催で決勝進出。8月の名古屋オールスターでは脇本雄太を下して激勝した他、ウィナーズカップとG3・3回の優勝を果たし、獲得賞金は2位以下を大きく引き離す1億4,700万円。まさに、2020年界の競輪界を支配し続けた選手の一人である。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=YNjNyYrfUdY
The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。

最新記事 by 競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属) (全て見る)

1 2