競輪予想情報

第62回競輪祭初日予想

第62回競輪祭初日予想

「第62回朝日新聞社杯競輪祭」は、いよいよ明日初日を迎える。今年最後のG1にして、男女グランプリの出場選手が決定する大一番。6日間の長丁場の戦いを、存分に楽しんでいただきたい。まずは、初日の予想をお届けする。

初日注目レース予想

初日は、前半8Rが男子の一次予選、後半4Rがガールズグランプリトライアルの予選第1走となる。

1R【堂々の1番車指名・寺崎が仕掛けて番手浅井に勝機】

初日1R1番車で登場となった①寺崎浩平。その期待の高さを伺わせる番組構成となった。特別競輪もこれで4回目の出走で、雰囲気は慣れたものだろう。あとは初の6日間開催に対応できれば。

ライン構成も⑦浅井康太⑧志智俊夫の中部勢が援軍に回り、①寺崎にとっては仕掛けやすい形に。スピードをフルに発揮して、上位独占を決める。⑦①が本線。別線では先行力がここに来て蘇った⑨渡邉一成が2車でも積極的に攻める。⑨⑦、⑨②が逆転候補。前がやり合えば③鈴木裕の捲り一発が魅力だ。

◎⑦浅井 ○①寺崎 ▲⑨渡邉 ×③鈴木 △⑧志智

2R【グランプリを懸けて山田が初日から勝負に徹する】

現在、賞金ランキング9位でグランプリ出場が見えている⑨山田英明。それでも、決勝進出を逃せば夢舞台は一気に遠のく。一戦一戦が自身の競輪人生を懸けた戦い。初日から結果を求めて攻めるか。

展開は⑤松井宏佑⑧皿屋豊の主導権争いとなりそう。細切れ戦だけに位置取りが重要となるが、隊列が短くなれば⑨山田の捲りが十分届く。九州ワンツーで⑨①が本線⑤松井はダッシュ力にモノを言わせてすんなりと主導権を奪いたい。③諸橋愛が続いて⑤③、③⑤も十分。

◎⑨山田 ○①松岡 ▲③諸橋 ×⑤松井 △⑦椎木尾

3R【久々の競輪祭登場・深谷が別線を制圧する】

先日、今年いっぱいでの静岡移籍と婚約を発表した⑦深谷知広。報告するべき内容を全て伝えきり、フレッシュな気持ちでレースに臨める。小倉は3年ぶりの登場だが、連対率60%を超える得意バンク。初日からスピード全開だ。

⑦深谷マークは③村上博幸。8月の松戸G3初日では⑦深谷を差し切っており、遅めの仕掛けにならなければ追走は問題ない。⑦③、③⑦が本線。ただし、別線の自力選手も曲者揃い。①太田竜馬⑤鈴木竜士⑨小松崎大地も逆転の力量だ。

◎⑦深谷 ○③村上 ▲①太田 ×⑨小松崎 △⑤鈴木

4R【好相性の小倉で清水が逆襲に転じる】

オールスター以降は苦しいレースが続いた⑨清水裕友だったが、前回地元記念で3連覇を達成し、良いイメージで小倉に乗り込んだ。小倉は2年連続の競輪祭決勝表彰台に加え、3着内率は90%を超える超好相性のバンク。しっかりと結果を残し、グランプリへの足掛かりとしたい。

⑨清水マークは②橋本強。まず離れることはないだろう。⑨②が本線。別線では⑤吉田拓矢がライン3車の利を活かして先制攻撃。③松谷秀幸がその仕掛けに乗って逆転を狙う。穴は⑦山崎芳仁の一発。

◎⑨清水 ○②橋本 ▲⑤吉田 ×⑦山崎 △③松谷

5R【郡司―守澤がここは共同戦線を組んでワンツー】自信度高

賞金ランキング6位の②郡司浩平には、8位の⑨守澤太志が付くことになった。グランプリ出場が決まれば敵同士となる両者だが、ここはタッグを組んで、ワンツーでポイントの上積みを狙う。ライン3車なら早目の仕掛けもありそうで、②⑨、⑨②は両者全くの互角。

別線はどこまで②郡司の総合力に抵抗できるか…。①山田久徳③山田庸平辺りが直線肉薄するが、本線はあまりにも強力。良くて2,3着争いまでか。

◎②郡司 ○⑨守澤 ▲③山田庸 ×①山田久 △⑦稲川

6R【東北勢の援護を受け、平原が強攻突破】

8年連続のグランプリ出場を確定させ、気持ちの余裕も十分な⑦平原康多。2009年、2014年、2016年と過去3回の優勝を遂げているこの開催で、3年ぶりのG1タイトル奪取といきたい所。まずは初日から力の違いを見せつける。

⑨大槻寛徳―②永澤剛の東北勢が⑦平原の後ろにつき、ライン構成も有利。⑦⑨が大本線だ。別線は④根田空史③中村浩士の千葉師弟連携が積極果敢。また、⑧取鳥雄吾に乗る⑤香川雄介の直線突っ込みが穴の魅力十分。

◎⑦平原 〇⑨大槻 ▲⑤香川 ×②永澤 △④根田

The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。
1 2