競輪予想情報

【競輪】期待の若手競輪選手2022~今年「来る」のはこの選手だ!

2022年、注目の選手はこれだ

今回は、2022年注目の若手選手を輪pedia編集部がピックアップしてご紹介する。

なお、今回の対象選手は2022年1月現在、115・117期でS級2班以下に所属している選手限定とした(S級1班に所属している選手は既にその実力が知れ渡っているため)。

武田亮(東京115)

前々期のA級戦では実力の違いを見せつけ、2回の優勝を含めてすべての開催で決勝に進出しS級へ昇級した。しかし、注目すべきは結果よりもその内容。7月にS級に昇級してからも、3日間の内最低2日はバックを取る競走で奮戦。一時期は、連対実績が全て逃げの数字となる徹底先行で力を付けた。この実績なら、近い将来大化けが狙えるはず。今年もブレない姿勢で強敵に挑む。

藤井侑吾(愛知115)

ご存知115期のゴールデンキャップ。デビュー後は内容を重視した走りでゆっくりと力を付け、昨年7月にS級に昇級すると、2節目の富山記念ではいきなり決勝に進出。その決勝でも先行で3着に粘り込み、競輪祭出場の権利を手にした。昨年後半はグレード戦の壁に跳ね返されたが、潜在能力を考えればすぐに順応してくるはず。今年もG1戦線へ殴り込みを狙う。

晝田宗一郎(岡山115)

昨年1月にS級昇級。決勝進出こそ少ないものの、こちらも先行主体の内容で随所に見せ場を作ってきた。アマチュア時代の実績が物語るように、潜在能力はS級上位でも十分通用する。レースぶりに粘りと安定感を付けていけば、グレード戦でも上位を脅かす存在となるだろう。

阿部架惟都(宮城115)

デビュー直後はA級でも組み立てや粘りの甘さが目立ち、S級戦では苦戦も予想されたが、昇級2戦目で初勝利。その後も敗者戦中心ながら、先行するとなかなか良い粘りを発揮して8勝を挙げる健闘を見せた。成長力という点では同期でも上位クラス。今期はさらなる成長を見込む。

青野将大(神奈川117)

アマチュア時代に数々の実績を残してきた好素材が、昨年後半に入ってようやく本格化の兆し。11月には連続で決勝に進むなど、成績の安定感もグッと増してきた。当面の目標は記念の準決勝・決勝進出。力は持っているだけに、もう一段階のレベルアップが求められる。

土生敦弘(大阪117)

昨年8月に9連勝で特別昇級。先行・捲りを使い分ける柔軟なスタイルで競走得点も1班の選手とほぼ遜色ないところまで持ってきた。まず目標はS級初優勝。その壁を越えられれば、役者揃いの117期の中でも目立つ存在になってこられるだろう。

櫻井祐太郎(宮城117)

A級時から順調に勝ち星を重ね、昨年7月にS級に昇級。決勝進出はまだないが、ほぼ先行一本で奮戦している。こちらも主に敗者戦の話にはなるが、すんなり主導権を握れば粘りはかなり強靭。安定して予選を突破できるようになれば、すぐに優勝争いに絡んできそうだ。

下井竜(三重117)

117期でも一、二を争う徹底先行型。昨年12月の最終戦で9連勝を果たし、滑り込みでS級特別昇級を決めた。S級デビュー戦の地元四日市戦では、早速最終日にS級初勝利。先行意欲は魅力十分なだけに、積極性は失わないで欲しい。

阿部将大(大分117)

養成所順位5位の素質型で、脚質は超が付く地脚タイプ。デビュー後はA級上位戦のスピードへの順応にやや時間を要したが、昨年後期は無双状態で10回の優勝を数えた。いよいよ今年からS級戦。持ち味を活かす走りでどこまで上位に食い下がれるか。

長田龍拳(静岡117)

2018年、スプリント競技で高校選抜・インターハイ・国体の三冠を達成し、鳴り物入りでデビューしたが、A級戦ではよもやの足踏み。他の同期には後れを取ったが、昨年後半は抜群の安定感を誇った。まずは9連勝でS級特別昇級を目指したい。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。