競輪情報あれこれ

ROAD TO KEIRINグランプリ~競輪グランプリ2021への道~獲得賞金ランキング上位選手

友だち追加
公式LINE限定で特選競輪予想を無料配信中!!タイムラインをチェック!!

昨年の優勝者・和田健太郎

競輪グランプリ2021へ向けた賞金争い

このページでは、KEIRINグランプリ2021の出場権を懸けた獲得賞金ランキングを随時更新する。

賞金ランキング(9/21更新)

太字はグランプリ出場権を獲得した選手。

選手名登録地賞金額G1G2G3
1松浦悠士広島SS152,028,000円☆☆☆
☆☆☆
2郡司浩平神奈川SS96,397,200円
3古性優作大阪S187,066,000円
4守澤太志秋田SS74,090,000円
5清水裕友山口SS73,022,000円
6佐藤慎太郎福島SS69,756,000円
7平原康多埼玉SS65,884,400円☆☆☆
8山口拳矢岐阜S257,063,000円
9宿口陽一埼玉S154,794,000円
出場圏内
浅井康太三重S147,320,000円
吉田拓矢茨城S142,489,000円
和田健太郎千葉SS35,759,200円
武藤龍生埼玉S135,119,000円
諸橋愛新潟S133,986,200円
小倉竜二徳島S132,187,100円
脇本雄太福井SS31,831,000円
稲川翔大阪S130,396,400円
園田匠福岡S128,560,000円
鈴木裕千葉S127,984,600円
眞杉匠栃木S127,574,000円
以下主な選手
山崎賢人長崎S125,641,000円
町田太我広島S224,368,400円
深谷知広静岡S122,461,800円

全日本選抜を制した郡司浩平、日本選手権を制した松浦悠士、高松宮記念杯を制した宿口陽一、オールスターを制した古性優作がグランプリ出場を決めており、残る椅子は5つ。更に、賞金的には現在6,900万円以上を獲得している清水裕友、守澤太志、佐藤慎太郎は出場有力と言え、実質残り2枠を他の選手で争う形となっている。

現在の位置的に最も有利な立場にいるのは平原康多。今年は相次ぐ落車に悩まされ、前半戦~中盤戦は苦しい戦いが続いたが、オールスター、共同通信社杯と大きなところで決勝進出を果たし、徐々に復調ムードで賞金を上積みしている。残り2つのG1で無難に結果を残せば、9年連続のグランプリ出場も有望。そして注目は共同通信社杯を制し、一気にグランプリ出場圏内の8位にジャンプアップした山口拳矢。デビュー1年半でのグランプリ出場へ向けて、プレッシャーを跳ねのけられるか。

3年ぶりのグランプリ出場を狙う浅井康太は、日本選手権で19年寛仁親王牌以来のG1決勝進出を果たした。過去グランプリ2勝と最も大舞台の似合う男が、久々の凱旋となるか。高松宮記念杯準優勝で初のSSが現実味を帯びてきた吉田拓矢も、虎視眈々と出場を狙う。

残るSS3名は、和田健太郎が現在ボーダーと約2000万円差の12位。今年はここまで何と5度の落車に見舞われており、まさに満身創痍の戦い。非常に厳しい立場に立たされているが、幾多の逆境を乗り越えてきた精神力で逆転となるか。オールスターで準優勝、向日町記念を完全優勝した脇本雄太は、怪我で共同通信社杯を欠場。本人が発信している情報によると、身体の状態は相当思わしくないようで、残り2カ月でどこまで状態を戻せるか。脇本と同じく五輪組の新田祐大は、復帰後3場所が今一つ冴えず現在圏外。グランプリ出場には残り2回のG1で決勝進出、しかも表彰台以上が必須条件となる。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。