競輪情報あれこれ

【コラム】G1で5車立てレースを実施…落車・失格について改めて考え直す

落車・失格が頻発した高松宮記念杯

先日終了した「第72回高松宮記念杯競輪G1」は、2日目・3日目に事故が多発。8名が落車/事故棄権、6名が失格となり、3日目は1R・2Rが6車立て、最終日は5車立てで実施される事態となった(3日目3Rも7車立て)。今回は、この事象について改めて考え直してみることにする。

2日目・3日目に発生した事故

まずは、2日目・3日目に発生した事故を一覧でまとめる。

2日目

レース競走種別選手名結果失格事項
2R選抜佐々木豪落車棄権
2R選抜武藤龍生失格中割り
6R東二次予選萩原孝之落車棄権
6R東二次予選芦澤辰弘失格押上げ
8R東二次予選郡司浩平事故棄権
8R東二次予選芦澤大輔失格斜行
10R東二次予選和田健太郎落車棄権
10R東二次予選松井宏佑落車棄権
10R東二次予選佐藤友和落車棄権
10R東二次予選諸橋愛落車棄権
10R東二次予選眞杉匠失格外帯線内進入

3日目

レース競走種別選手名結果失格事項
9R西準決勝野原雅也落車棄権
9R西準決勝原田研太朗失格外帯線内進入
11R西準決勝小倉竜二失格押上げ

2日目8Rには大本命・郡司浩平が車体故障による事故棄権、10Rには昨年のグランプリ覇者・和田健太郎が2節連続となる落車を喫しており、いずれのレースも大波乱となった。

車数削減が行われたレース/開催全体の売上

次に、車数削減が行われた3日目1~3Rおよび最終日1~2Rの売上を、2日目の1~3Rと比較する。

2日目3日目最終日
1R76,724,700円56,221,400円44,070,300円
2R72,597,800円60,238,300円51,033,200円
3R73,219,300円71,293,300円
※3日目・最終日1R、2Rは2枠複・2枠単の発売無し

3Rこそ2日目とほぼ同等の売上となったものの、3日目1Rは2,000万円、2Rは1,200万円の売上減。さらに最終日1Rは2日目比3,200万円、2Rは2,000万円の売上減となった。金曜と土日ということを考慮しても、車数削減の影響は大きいと言える。

また、開催全体の売上も81億0018万0700円と、目標の90億円には約10億円届かない結果となった。売上目標を満たせなかった一つの原因には、この車数削減があることは間違いない。

興行面でも魅力が減少

また、興行的な面でも、この事故の多発は大きな影を落としている。まず、先述の通り棄権となった郡司・和田共に3日目以降を欠場。目玉となるS級S班の選手を一気に2人失ったことになり、集客面で大きな痛手となった。さらに、3日目の1R・2Rは共に逃げたラインがそのままワンツーを決める単調な展開。「これがG1か?」と疑問符を付けざるを得ない、寂しいレースとなった。

新生・岸和田バンクが落車多発の遠因?

今回、高松宮記念杯競輪は改修工事を経て2年ぶりに岸和田競輪場で開催されたが、その間にバンクも改修が行われ、全面的に塗り直しが行われた。全選手にとって久々の岸和田参戦の上、若手選手の中にはそもそも当バンクで走ったことの無い選手も何人かいた。走り慣れていないバンクが選手の感覚を狂わせ、落車・失格を多発させた可能性は十分にある。

落車・失格では誰も得をしない

しかし、残念ながらここまでの事象を踏まえると「落車・失格で誰も得をすることはない」と言わざるを得ない。特に、多くのファンの注目が集まるG1開催ではその傾向が強いだろう。

・落車/失格が多発し、常識的な予想では的中できないような結果が続くと、ファンの車券購買意欲が減退し、売上減に繋がる。また、今回のように目玉選手が相次いで戦線を離脱すると、集客面で大きなマイナスとなる。

・今回のように車数削減を行うと、レースレベルそのものの低下に繋がり、G1としての「格」が疑問視される。「G3以上の開催は9車立て」という施策に基づき、9車の競輪を求めて観戦するファンにとっては、魅力の無いレースのなったと言わざるを得ない。

・選手にとっても、落車でプラスになることは何一つない。特に、今節の和田健太郎は落車欠場明け初戦であり、今回の事故でまた大きく歯車が狂ったことだろう。

もちろん、落車により大万車券を的中させたファンもいるだろう。また、選手にとっても、年に何回とないG1出場のチャンスに、全身全霊を懸けて挑んでいるのも理解している。それでも、その気合の結果が、このように誰も得をしないものになってしまうのは、競輪界全体にとって決して良いとは言えない。G1に出場している選手には、自分たちが集めている注目や期待の大きさを、常に意識しながらレースに挑んでもらいたいと願ってやまない。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。