競輪のあれやこれや

京都向日町競輪G3「平安賞」決勝戦結果&回顧

京都向日町記念G3決勝結果

京都向日町競輪G3「平安賞」は今日決勝が行われ、佐賀89期の山田英明が優勝した。山田のG3優勝は2018年4月の武雄記念以来3回目。2着には近藤龍徳、3着には竹内智彦が入った。配当は2車単が⑦④で710円、3連単⑦④⑤で5,010円

決勝戦回顧

初手は⑦山田④近藤③取鳥⑥高原①畑段―②鈴木―⑤竹内。残り2周から②鈴木が動き前を抑えるが、⑦山田が内を掬い中団を取り、更に③取鳥が外から先行。すると、3番手を追っていた①畑段③取鳥の番手を狙い、⑥高原と競り合う。そのまま番手が離れ、4番手を追っていた⑦山田が最終3コーナーで捲って前を仕留めた。マーク④近藤が差を詰めたが2着。3着は中を突いた⑤竹内が入った。

有力選手が準決勝で次々と脱落し、押し出されるように実力・人気共に最右翼に指名された山田英明。そんな山田のレース勘の良さが光った勝利だった。

最終2コーナー、先に前を抑えた鈴木裕が、わずかにインを空けた一瞬を見逃さず中団をキープ。畑段嵐士が番手を競り込んだことで、この上ない最高の展開が巡ってきた。取鳥雄吾が先行に意欲を見せるのは明白で、山田と鈴木はその後ろの4番手ないし3番手をキープしたい一戦。近藤龍徳が前を取ったことでやや難しい道中となったが、結果的には余裕のレース運びで優勝をさらった。

反対に、内を掬われた鈴木裕は遠く離れた6番手となった時点で勝負権を失った。先にインを切ってからの勝負なら、取鳥の動きよりも山田の動向を警戒すべきだったかもしれない。打鐘前2コーナーで一瞬の隙を突かれ、捲りも不発となった。

最終日も果敢に先行勝負を挑んだ取鳥雄吾は、番手を絡まれる展開もありあえなく沈んだ。細切れ戦で番手を狙われるのは想定外だったかもしれない。地元の畑段嵐士が番手を狙った張本人。畑段本人のレーススタイルや、地元唯一の決勝進出という状況からも合点のいく競り勝負となったが、取鳥の掛かりの良い先行の前に離れ、山田の捲りをみすみすサポートする結果となってしまった。

なお、優勝した山田、2着の近藤、4着の鈴木、5着の取鳥の次走は18日からの伊東共同通信社杯。3着竹内の次走は29日からの取手F1、6着の畑段は28日からの平塚F1、7着の高原は10月5日からの高松F1となる(追加の可能性大)。

まとめ

波乱続きの京都向日町競輪G3「平安賞」は、山田英明の優勝で、終わってみれば2車単は1番人気での決着となった。

次回G3は9月10日からの岐阜競輪G3「長良川鵜飼カップ」郡司浩平、松浦悠士、浅井康太。和田健太郎、竹内雄作らが出場予定だ。当サイトでは、次回岐阜記念も1日ごとに回顧・予想をお届けする。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

友だち追加
公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

オススメ記事

本日の競輪予想・F1戦/F2戦ピックアップレース 本日の注目レース予想 このページでは、本日の注目レース予想を更新していく。更新時間は日によって変わるため、こまめ...
KEIRINグランプリ2020決勝戦結果&回顧 平塚競輪場公式Twitterより(https://twitter.com/windy_kun/status/1344191739364...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...

https://rin-pedia.com/arekore/keirin_retire

https://rin-pedia.com/arekore/keirin_accident

https://rin-pedia.com/arekore/keirin_veteran

The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。