競輪情報あれこれ

【コラム】競輪ルーキーシリーズ2戦を終えて

ルーキーシリーズ2戦が終了

5/1(土)~5/3(月)に静岡競輪場、5/8(土)~5/10(月)に名古屋競輪場で行われた「競輪ルーキーシリーズ2021」は2戦目までが終了。今回は、その模様を振り返る。

ルーキーシリーズ優勝者

第1戦、第2戦とも、男子119回生は犬伏湧也(徳島)、女子120回生は内野艶和(福岡)が優勝。特に犬伏は6戦6勝、バック回数6、捲り6というパーフェクトな成績で他の選手を圧倒した。

決勝戦動画

静岡 119回生決勝

静岡 120回生決勝

名古屋 119回生決勝

名古屋 120回生決勝

ルーキーシリーズ総評

男子119回生

何と言っても、前半戦は犬伏湧也の強さのみが際立ったシリーズとなった。静岡の初戦は大槇大介(岡山)に3/4車身の1着となったが、あとは2着に6車身、5車身、大差、9車身、大差をつける怪物じみた内容。特に名古屋3日間は全て上り10秒台を記録しており、全く危なげの無い捲り完勝だった。レース運びにも余裕があり、一戦を除いてすべて最終ホーム5番手以内を記録した。ルーキーシリーズでここまで差が空くのは珍しいと言え、本デビュー後もまずA級戦では組み立て云々以前に脚力が違いすぎる印象。昨年の寺崎浩平よろしく、18連勝でのS級特別昇級は濃厚と見て良いだろう。

一方、名古屋でデビューを迎えた山根将太(岡山)も、予選2日間は先行逃げ切りの好内容。捲りに徹した犬伏に対し、こちらは先行に強いこだわりを見せ、他を寄せ付けない見事な走りで強さを示した。決勝は7着に敗れたものの、これは打鐘過ぎ4コーナーで不利を受け、スピードを完全に殺されたもので参考外。次回は500バンクの大宮だが、ここでも先行逃げ切りのスタイルを貫けるかに注目が集まる。

在所2位の志田龍星(岐阜)は、2日目に上り10秒9の好タイムで捲り快勝。決勝こそ犬伏に大きくちぎられたものの、早めの先行で2着に粘り込んだ。チャレンジは即卒業級だろう。注目を集める窪木一茂(福島)は、静岡で準優勝。こちらも犬伏に捲られたが、決勝での地脚はさすがの一言。ダッシュ力に不安を抱える分、強力な地脚を活かせる展開に自ら持ち込んでいきたい。静岡を連勝で勝ち上がった平山優太(福島)は、上野雅彦(香川)、桑名僚也(埼玉)と前評判の高かった選手を撃破しての価値ある勝利。レース運びが上手く、実戦を覚えていけば大化けの可能性を秘める。

初日、最終日で2勝を挙げた木村佑来(宮城)は出脚強烈な捲りで7車身、5車身の圧勝劇。こちらも脚力なら上トップクラスと全く引けを取らない。開催後、獲得賞金全額を静岡市に寄付したことで話題となった新村穣(神奈川)は、2日目に窪木を撃破しての勝利。決勝進出は逃したが、2日目以降の動きは光る開催となった。

女子120回生

女子は抜けた成績の選手がおらず、あまり上位も実力差を感じない開催。勝負強さを発揮して連続優勝を飾ったのは内野艶和(福岡)だったが、予選は4走して1着1回のみ。レース運びにまだ難が多く、後方に置かれて捲り届かずや、内に詰まって実力を発揮できずの展開も多かった。決勝で確実に展開を捕らえる嗅覚の鋭さはさすがだが、まだ実戦経験を積む必要はありそうな印象を受ける2開催となった。

優勝こそ逃したが、6戦5連対の堅実な走りで存在感を示したのは山口真未(静岡)。捲りの鋭さと末脚は水準以上で、同期相手であれば大きく崩れるシーンは考えづらい。あとは、本デビュー後に自分のやりたいレースができるかどうかに懸かってくるだろう。

前評判を覆して静岡を連勝で勝ち上がった中村鈴花(熊本)はなかなかしぶとい走りができる選手。上位選手との脚力差をレースの巧さで埋めていければ、高いレベルで安定した走りができそう。名古屋2日目で内野を撃破し、決勝でも2着に食い下がった山本さくら(愛知)も奮闘が目立った。名古屋初日を逃げ切りで勝った太田瑛美(三重)、同じく山口、内野を下した西脇美唯奈(愛知)も見どころがある開催となった。

一方、在所1・2位で大いに期待された吉川美穂(和歌山)、飯田風音(埼玉)の両者は決勝にこそ進んだものの、ともに勝ち星がなく内容も今一つ物足りない結果に終わった。共にこの後大宮、和歌山での実戦を控えており、経験を積んで本当の実力を発揮できるかどうかに注目が集まる。

次回ルーキーシリーズ開催

次回及び次々回のルーキーシリーズ開催は以下の通り。

5/21(金)~5/23(日):大宮競輪場

6/4(金)~6/6(日):和歌山競輪場

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。