競輪情報あれこれ

「KEIRINグランプリ2023」結果&回顧・選手採点

KEIRINグランプリ2023結果・回顧

「KEIRINグランプリ2023」は今日行われ、広島98期の松浦悠士が優勝した。2着には深谷知広、3着には眞杉匠が入った。払戻金は3連単が3-5-4で21,370円。

決勝戦回顧・選手採点

初手は8新山2佐藤5深谷7清水3松浦4眞杉6山口9脇本1古性。打鐘で一気に9脇本が巻き返すと前を叩く。巻き返した7清水は不発。最終バックで捲った5深谷が逃げる近畿勢を捕らえるが、それに乗っていた3松浦が直線は捕らえて優勝のゴールを飾った。

1着 3松浦悠士 5.0

目標の清水が全く動けない形だったが、俊敏に深谷の後ろに切り替えて直線は鋭く伸びた。5回目の挑戦で悲願達成。

2着 5深谷知広 4.5

初手で新山の3番手をゲット。最終バックは自ら捲って脇本を捕らえるさすがの力を見せたが、あと一歩のところで松浦に差し込まれた。

3着 4眞杉匠 4.0

終始後方に置かれる苦しい展開。バックでは松浦の後ろに乗る動きもあったが、内に降りてきた清水を捌くのにも手間取り、2着にあと一歩届かず。

4着 1古性優作 3.0(-0.5)

脇本が打鐘から仕掛ける絶好の展開だったが、外々を回った深谷の動きに対応できず。先手ラインの番手としてはやや物足りない結果に。

5着 6山口拳矢 2.5(-0.5)

終始最後方で一切の見せ場なし。

6着 8新山響平 2.5

脇本と火の出るような先行争い。最終的には叩かれたが、自分の仕事は果たした。

7着 2佐藤慎太郎 2.0

新山に追走でいっぱいの形。スピード比べではやはりつらい。

8着 9脇本雄太 1.5

今年は鐘から逃げる形。後方に置かれる形を恐れて積極的に仕掛けたが、直線は末を無くした。やはり本来の形でないとGPでは厳しかった。

9着 7清水裕友 1.0

全く仕掛けられずレースに参加できなかったが、3角で眞杉の進路を一瞬ふさいだことで、松浦の露払い役に徹した。

落車と体調不良を乗り越えた松浦が悲願達成

前哨戦の別府G3決勝で落車し、戦前には体調不良も報じられた松浦悠士が、不利な状況をはねのけて見事優勝。5回目の出場で1億円を手にした。目標の清水が不発の展開も、自ら俊敏に深谷の後ろへ切り替えて直線は鮮やかな差し切り。やはり、中国ゴールデンコンビは前が不発になっても二の矢が飛んでくるだけに強い。

今年はG1戦線でこそ苦しんだ松浦だったが、G2は2回優勝しており、勝負強さは消えてはいなかった。ここぞの勝負への嗅覚を、この大舞台でまざまざと発揮した結果となった。

好内容の深谷、「平成の怪物」完全復活は近い

深谷知広は最終バックで自ら仕掛け近畿勢を捕らえる好内容。松浦の目標になってしまったことで直線は差し込まれたが、脇本の先行を捲った内容は、「平成の怪物」と呼ばれた男の完全復活を予感させるものだった。来年こそは、郡司浩平とのコンビでG1優勝をつかみ取りたい。

脇本は復活ならず、来年はどんな戦法で挑むのか

状態が大いに注目された脇本雄太は、なんと打鐘で仕掛けての1周半先行に打って出た。後方で不発になるよりはこの形の方が近畿ラインとして生きる可能性は高かったとは思うが、やはりGPの舞台で600mを逃げて残るのは厳しい。深谷に捲られ、番手の古性もその動きに対応できず車群に沈んだ。

今年は最強選手として別線の徹底マーク、そして自身の体調不良にも苦しめられた脇本。来年はどのような戦法で別線の包囲網をかいくぐるのか注目したい。

その他の選手

眞杉匠はG前鋭く伸びたが3着が精一杯。単騎であの位置では優勝権はさすがになかった。来年はいかに関東ラインでGPへ駒を進めるかがカギとなる。

新山響平は自分の仕事を果たしたが、脇本のスピードに屈した。来年は地力の更なる地力の強化と、戦法の幅を広げていきたい。番手の佐藤慎太郎は年齢的に大きく変わることはないだろうが、引き続き厚い北日本ラインの司令塔としての働きに期待したい。

山口拳矢は近況の動き通り、全く存在感を見せられなかった。まずは来年、初のSSとしての責任を果たせるところまで状態を戻してもらいたい。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

PIST6公式投票サイトのご登録はこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴15年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴15年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。