競輪情報あれこれ

G1「第66回オールスター競輪」決勝戦回顧&選手採点

第66回オールスター競輪 決勝戦結果

G1「第66回オールスター競輪」は20日決勝が行われ、栃木113期の眞杉匠がG1初優勝を果たした。2着には古性優作、3着には武藤龍生が入った。3連単は9-5-6で5,880円。

決勝戦回顧

初手は4吉田9眞杉1平原6武藤5古性7清水3山田―2犬伏―8松本。赤板から4吉田が突っ張り先行。最終1コーナーで9眞杉が番手捲りを打つと、ホームから仕掛けた7清水は1平原の位置に追い上げる格好となり、両者前と離れる。後ろがもつれた9眞杉は後続を引き離し快勝。2着には4コーナーから中を突いた5古性が入った。

選手採点

1着 9眞杉匠 5.0

逃げた吉田の気持ちに応えて渾身の番手捲り。後ろがもつれたこともあり、悠々と押し切った。これまで前で頑張ってきた経験が報われた格好に。

2着 5古性優作 4.5

終始関東ライン追走の5番手。最終2センターから狭いスペースを突いて意地を見せたが、前があまりにも離れすぎていた。不調の今節を考えれば最低限。

3着 6武藤龍生 4.0

西日本勢に絡まれる厳しい展開も、山田を捌いて位置を死守。古性には捌かれたが、地元G1で価値ある表彰台。

4着 7清水裕友 3.5

眞杉の番手捲りの上は行けないと見たか、平原を極めながらの追い上げ。番手を奪い取ったが、眞杉を追う脚力は残っていなかった。

5着 3山田庸平 3.0

清水に任せた以上、この展開では精一杯の内容か。

6着 2犬伏湧也 2.0(-0.5)

終始離れた後方に置かれ全く見せ場を作れず。悪く言えば予定調和の展開だけに、今後同様の形になった際の立ち回りが大きな課題となる。

7着 1平原康多 1.5(-0.5)

展開は注文通りも清水に追い上げられ、絶対に守らなければならない位置を失った。悪い流れを最後まで払拭できず。

8着 8松本貴治 1.5

早々に車群から離れた。

失格 4吉田拓矢 ―

関東ラインの先頭で自分の仕事は果たしたが、車群から離れすぎたことにより暴走で失格。点数はなしとした。

編集部から

シャイニングスター賞の大量落車、S級S班の相次ぐ敗退と波乱万丈だった今年のオールスター競輪。実は、編集部は2日目~3日目の一次予選でS級S班が相次いで勝ち切れないレースを演じた時点で、「今年のオールスターは荒れる」と直感していた。

そんな荒れた大会を制したのは、関東の急先鋒としてラインに貢献してきた眞杉匠だった。決勝は、志願の前回りとなった吉田拓矢、後ろを固めた平原康多・武藤龍生と先輩3名が前後を務める盤石の布陣。気持ちに応え、しっかりと勝ち切った内容は評価して良い。

これで年末のグランプリ出場と、来年のS級S班格付けが確定。平原が賞金的にかなり厳しい位置なだけに、今年のグランプリは関東一人の可能性も考えられる。すなわち、眞杉は関東の先導役から、一気に関東のエースへとこの勝利で押し上げられたことになる。この経験を糧に、今後ラインの中で自分はどのような役目を果たしていくのか。眞杉の今後の走りに注目したい。

S級S班から勝ち上がった内の1人である古性優作は、連日弱気なコメントが出るほど不調が目に見えていたが、意地の走りで準優勝をゲット。能力の高さを改めて示した。人気の一角だった犬伏湧也は大方の予想通り8番手に置かれほぼ見せ場なし。脚力は誰もが認める所だが、引き続き組み立て難を露呈してしまった。

しかし、心配なのは準決勝の落車で離脱を強いられた脇本雄太・松浦悠士の両SS。共に賞金的には余裕がある立場だが、グレード戦線真っ只中での痛い落車。まずは怪我を治して、十分なパフォーマンスが出せる状態で復帰してもらいたい。

次回グレードレース開催案内

【要エントリー】合計3万円分を山分け!『松戸競輪G3ナイター ポイント山分けキャンペーン!』(8/26~8/29)

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

PIST6公式投票サイトのご登録はこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴15年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴15年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。