競輪予想情報

第36回共同通信社杯決勝戦結果&回顧~ライン構成から結果まで異例尽くしだった決勝戦を振り返る!

第36回共同通信社杯決勝戦結果

第36回共同通信社杯は今日決勝が行われ、熊本97期の中本匠栄が優勝した。優勝賞金は2,170万円(副賞込み)。2着には松浦悠士(広島)、3着には園田匠(福岡)が入った。決勝戦の全成績および払戻金は以下の通り。

着順枠番車番選手名登録地着差
156中本匠栄熊本
257松浦悠士広島1/2車身
368園田匠福岡タイヤ差
411新田祐大福島1/2車身
544岩本俊介千葉2車身
633山崎賢人長崎2車身
722脇本雄太福井2車身
落車69吉澤純平茨城
失格45山田英明佐賀1着入線
2枠複5-58,950円
2枠単5-510,700円
2車複6-78,950円
2車単6-732,560円
3連複6-7-819,400円
3連単6-7-8196,380円
ワイド6-71,870円
6-82,150円
7-82,030円

決勝戦回顧

初手は③山崎賢人⑤山田英明⑥中本匠栄⑧園田匠⑦松浦悠士①新田祐大⑨吉澤純平④岩本俊介―②脇本雄太。赤板から②脇本が動き、後ろには⑦松浦が付く形。しかし、先行ラインの番手⑤山田が厳しくけん制し、最終ホームでは⑥中本にブロックされて②脇本は後退。最終1センターからは自力で捲った⑦松浦①新田⑤山田が番手捲りで抵抗。さらに最終3コーナー、⑤山田①新田を自らブロックした際に、⑨吉澤が落車。直線は⑤山田が押し切ったが、最終3コーナーで⑨吉澤を落車させたとして失格。2着到達の⑥中本が繰り上がりで1着。2着は⑦松浦、3着は⑧園田が流れ込んだ。

ライン構成から前代未聞の一戦となった決勝戦。その結末も、誰もが予想だにしないものとなった。そして、「33バンクは先手有利」という、競輪の基本を改めて痛感させられる結果ともなった。

スタートは山田英明、中本匠栄が飛び出して九州勢の前受け。この時点で、山崎賢人の先行は確定した。赤板まで態勢は一切変化なし。その赤板ホームで飛び出したのは、ライバルの抵抗に遭い、最後方からのレースを強いられた脇本雄太だった。さしもの脇本と言えども、このメンバーで9番手に置かれては勝ち目がない。脇本自身もそれはもちろん分かっていただろう、早いタイミングでの仕掛けを余儀無くされた。

だが、赤板を過ぎての仕掛けだけに、山崎もすでに戦闘態勢。ペースは上がり切っていく。きれいに仕掛けを合わされた脇本は、打鐘で山田、最終ホームで中本のブロックを受け万事休す。大本命が、残り1周で早々に勝負権を失った。

グングン飛ばす九州勢に次に襲い掛かったのは、自力に切り替えた松浦悠士とそれを追った新田祐大。しかし、山田も次の策を用意していた。番手捲りだ。最終バック手前から捲りを打ち、松浦・新田をも退けに行く。更には、最終3コーナーで自ら強烈な牽制を新田に与えた。

しかし、タイトル奪取が見えた山田に悪魔がほほ笑んだ。すぐ後ろにいた吉澤純平が落車。ここで、山田のビッグレース初制覇の夢は露と消えた。

直線は山田が押し切り、2着入線は中本。その後ろは松浦と園田匠が際どく入線したが、審議の結果山田は失格。九州3番手でいい仕事を見せていた中本が繰り上がって、ビッグレース初決勝初優勝を決めた。

この決勝戦、間違いなく優勝にふさわしいレースをしたのは山田だった。打鐘での脇本へのブロック、番手捲りのタイミング、どれを取っても完璧。あとは押し切れば、悲願のビッグレース初優勝が見えていた。しかし、最終3コーナー、新田への牽制が少しだけ度を過ぎた。ちょうど先月の小田原記念で郡司浩平が失格に泣いたように、3コーナーは遠心力に振られて、少しでも牽制をやり過ぎると一気に外へ飛んでしまう。当時と同様に、タイトル奪取へ向けた強すぎる気持ちが山田の技術を狂わせたのか。いずれにしても、悔やんでも悔やみきれない結果となった。

繰り上がりで優勝した中本は、今シリーズのラッキーボーイ的存在。しかし、準決勝は自ら番手に切り込んで粘り込むなど、動き自体は冴えていた。現に、最終ホームで脇本に引導を渡したのも中本のブロック。優勝できるだけの調子の良さはあった。実は、伊東温泉競輪場はちょうど3年前の落車で頚椎骨折の重傷を負った因縁の地。そんな場所で、しかも繰り上がりでビッグレース初優勝を遂げるとは、何たる運命だろうか。競輪は小説より奇なり、である。

一方、2着となった松浦だが、その内容は相当濃かった。終始外々を踏まされる格好になり、一旦捲り上げながら最終バックでは新田にその上をさらに捲られる展開。普通の選手なら最終バックで終わりになりそうな最悪の展開だったが、最終2センターで九州勢の後ろに素早く切り替え、そこから伸び返しての連確保。やはり、初日2日目と先行勝負で粘り込んでいるだけに調子は相当よかったのだろう。展開さえもう少しマシならば、優勝は松浦だったかもしれない。

人気を背負った脇本は、初手で最後方に置かれた時点で苦しいレースになることが予想されたが、案の定長い距離を踏まされた挙句九州勢の猛烈な抵抗に遭い失速。オールスター決勝に続き、ヨコの動きに泣かされる結果となった。また、同じく人気の一角だった新田は最終3コーナーで前を捕らえる勢いだったが、山田の強烈な牽制に遭い失速。これも同様に、ヨコの動きに泣いた。

失格はあったものの、実力上は劣勢だった九州勢がラインの結束力と33バンクを味方に付けて1・3着と上位を占めた一戦。「やはり競輪はラインとヨコか」と月並みな感想が口を突いて出る所だったが、今回はそれ以上に、33バンクは先手有利であることを改めて付きつけられた結果となった(繰り返しになったが)。

なお、決勝戦に限らず、今開催は落車・失格が非常に多い印象だった。位置取りが激しくなりやすい33バンクではある程度仕方のないことだが、次回のG1は究極のスピードバンク・前橋競輪場で行われる寛仁親王牌。参加選手には、最大限落車・失格を避けることを意識してほしい。

まとめ

誰もが予想だにしない結末で幕を閉じた第36回共同通信社杯。これが、競輪の怖さでもあり、面白さでもある。また、全ての可能性があり得るのがビッグレースである、とも言えるだろう。

次回のグレードレースは9月26日(土)から行われる青森競輪開設70周年記念G3 みちのく記念・善知鳥杯争奪戦。7車立て9レース制で行われる最後のG3となる。どうぞお楽しみに。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

オススメ記事

ROAD TO KEIRINグランプリ~競輪グランプリ2020への道~獲得賞金ランキング上位30傑競輪選手の獲得賞金上位30名を随時更新!KEIRINグランプリ(競輪グランプリ)へ向けて必見です!...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
祝・無敗のS級特別昇級!山口拳矢の軌跡を振り返る 無敗の24連勝で特別昇級 今日、和歌山競輪場でA級決勝を制した山口拳矢(岐阜・117期)は、7月の本デビューから18連勝...
競輪場のマスコットキャラクターを一挙紹介!お気に入りのゆるキャラを見つけよう!競輪場のマスコットキャラクター・ゆるキャラを一挙紹介。お気に入りのマスコットキャラクターを見つけて、それをお目当てに競輪場へ足を運んでみましょう。...
The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。