競輪予想情報

第62回競輪祭決勝戦予想&賞金ランキング公開!グランプリ進出のために必要な条件は!?

第62回競輪祭決勝戦予想

5日間にわたって激闘を繰り広げた「第62回朝日新聞社杯競輪祭」は、いよいよクライマックスの決勝戦を迎えた。有力選手が相次いで敗退する波乱の展開を勝ち上がった9名によるラストバトル。グランプリ出場争いも大混戦となっており、見ごたえ十分の最終日となった。早速、決勝戦の予想に移る。

選手名登録地競走得点年齢期別今回成績
新田祐大福島121.623490①①❸①
古性優作大阪112.7229100④②④③
×平原康多埼玉114.593887①④④②
松井宏佑神奈川112.6828113②①❽③
諸橋愛新潟115.534379⑥①②③
鈴木庸之新潟109.113592⑤④②①
和田健太郎千葉115.453987②①❹②
稲川翔大阪110.903590③①❼②
郡司浩平神奈川116.613099①②❶①
並び:④⑨⑦・①・⑥③⑤・②⑧
【機は熟した!郡司が悲願のG1獲りへ邁進】

初日に脇本雄太が落車で戦線離脱。二次予選では清水裕友が姿を消し、準決勝では賞金ランク不動の首位・松浦悠士が失格を喫し連覇の夢は露と消えた。有力選手が日を追うごとに姿を消していった今回の競輪祭は、混乱を極めた今年の競輪界を反映するかのような開催となった。

そんな中で、明らかに今開催は南関東勢に風が吹いている。決勝戦に3車、それもダイヤモンドレースで好連携を決めた④松井宏佑⑨郡司浩平⑦和田健太郎がそのまま乗ってきたのだ。

思えば、南関東からは長らくG1のタイトルホルダーが出ていない。前回の南関東勢のG1優勝は、なんと10年前の2010年、この競輪祭で海老根恵太(千葉)が優勝した時にまで遡る。確かに南関東勢と言えば(これは勝手なイメージだが)、F1やG3クラスでは楽に優勝できる能力を持った選手が揃いながら、G1の勝ち上がり戦となると途端に脆さを露呈し、結局決勝戦に駒を進められない印象が強かった。

しかし、今年は郡司浩平が覚醒し、和田健太郎もG1決勝の常連となって競輪界を引っ張ってきた。もはや、近年の「そこそこ軍団」としての南関東勢の姿はなく、確かに競輪界の中心となって存在感を示してきた。

そして何より、来年からは深谷知広というスター選手を静岡に迎え入れ、仲間として戦うことが確定している。そのネームバリューに負けないためにも、ここで大きな勲章を一つ手に入れ、胸を張って競輪界をリードしていきたいところだ。

⑨郡司自身も、「能力はすでにG1優勝級」と言われて久しかったが、今年前半戦は準決勝戦での失敗が目立ち、何度も涙を呑んできた。ここはまさに千載一遇のチャンス。再度④松井の頑張りに応えて、ダイヤモンドレースの再現を果たしてタイトルホルダーの仲間入りを果たそう。南関東ワンツーの⑨⑦が本線。

【新田は単騎戦をどう捌くか】

①新田祐大も、3着に敗れたダイヤモンドレース以外は圧巻の走りで決勝に駒を進めてきた。

今年は東京五輪延期の影響もあり、日本での競輪出走はわずか7開催となったが、それでもグランプリ前最後の開催となるここで、出場争いに持ち込むところまでやってきた。当然、賞金でのグランプリ出場よりも、気持ちよく勝って駒を進めたい所だろう。

しかし、ラインの援護はなく単騎戦となった以上、厳しい戦いとなることは否めない。ましてや、南関東勢の2段駆けがほぼ確実な状況で、その展開を後方から粉砕できるかと問われると、ダイヤモンドレースを見る限り難しいものがある。少しでも自分で展開を切り開きたいが…。

【関東勢は鈴木が覚悟の前回りで見せ場作る】

関東勢は⑥鈴木庸之が志願の前回りで結束力を見せる。準決勝はまさにラインの力でもぎ取った1着で、初のG1決勝進出を果たした。一度はこの競輪祭の舞台で輝きを放つも、重度のヘルニアに悩まされ、一時は選手生命すら危ぶまれる事態を経験してきた⑥鈴木。逆境を乗り越えてきた男の覚悟は堅い。南関東勢を先に抑える展開なら、③平原康多がその気持ちに応えて抜け出しを図る。③頭が逆転候補。

【曲者同士がタッグを組む大阪勢が風穴を開けるか】

②古性優作―⑧稲川翔の大阪勢は、準決勝12Rで新田祐大にちぎられはしたものの、先捲りの展開でしぶとく勝ち上がってきた。②古性も、ここで上位着を取ればグランプリ出場が見えるだけに、何としても強力メンバ―相手に食らい付きたい。関東勢と南関東勢が極度に削り合う展開ならば、後方で虎視眈々と爪を研ぐ浪速の曲者に展開が向いても良い。

【結論】

展開は④松井が早めの仕掛けで主導権を奪うことが濃厚。⑥鈴木も前々抵抗するが、ダッシュ力の差で南関東勢が前に出るだろう。近畿勢の動きも気になるところだが、飛び付きまでは厳しいと見る。すんなり主導権を奪えば、⑨郡司が番手から抜け出して勝機。⑦和田が食い下がるか、①新田③平原が一角を崩すかの争いになりそう。

本線は⑨郡司の抜け出しで⑨⑦①新田が迫る⑨①①新田がゴール前で捕らえる①⑨も一応推奨する。

逆転は⑥鈴木の主導権から③平原の抜け出しで③⑤、③⑨、③①

穴は②古性の絡みで②流し。こちらは相当配当もつきそうだ。

The following two tabs change content below.
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。
1 2