競輪情報あれこれ

四日市競輪G3「泗水杯争奪戦」決勝戦選手採点

浅井康太の優勝で幕を閉じた四日市競輪G3「泗水杯争奪戦」の決勝戦各選手採点(満点は5点、0.5点刻み)。

決勝戦展開回顧

初手は4小川7橋本6栗田2浅井8川口3坂井5和田1脇本9南。打鐘で3坂井が動いてそのまま先行。2浅井は波を作りつつ、1脇本に合わせて2角から捲る。合わされた1脇本は不発。直線は2浅井が捲った勢いで押し切り、2着争いは5和田が8川口を振り切って制した。

決勝戦選手採点

※点数は1着5.0→2着4.5→3着4.0→4着3.5→5着3.0…が基本。内容を加味してこれに点数を増減する。カッコ内は着順基準点との増減で、評価が高ければ+、低ければーとなる。

1着 2浅井康太 5.0

ライバルを脇本一本に絞った戦略。捲りにはやや遠い位置となったが、しっかりと別線を捕らえて勝ち切った。競輪祭へ弾みがつく勝利。

2着 5和田健太郎 4.5

坂井の先行に乗って絶好の形。もう少し仕事をしたい所だったが、最後は切り替えて川口との際どい2着争いを制した。

3着 8川口公太朗 4.0

浅井に全てを任せ、終始追走を決める内容だったが、最後は和田に伸び負けした。ワンツー有望の内容だっただけに…。

4着 9南修二 3.5

脇本不発から浅井ラインの3番手に切り替えたが入着はならず。精一杯の内容だろう。

5着 7橋本強 3.0

前の小川が不発ではこれが精一杯。

6着 4小川真太郎 2.0(-0.5)

ホームで絶好位の3番手をキープしたが、そこからピクリとも動けず。力の差を露呈した。

7着 3坂井洋 3.0(+0.5)

決して本来の形ではないレースとなったが、1周半先行して後ろの和田の入着に貢献。やはり本領は捲り・カマシだ。

8着 6栗田貴徳 1.5

9着でなかっただけでも御の字だろう。決勝進出の時点で満点。

9着 1脇本雄太 0.5(-0.5)

完全な負けパターンに持ち込まれた。競輪祭は昨年も苦杯をなめているだけに、このような細切れ戦の際は引き続き工夫が求められる。

【キャンペーン情報】

【要エントリー】合計3万円分を山分け!『大垣競輪G3 ポイント山分けキャンペーン!』(11/16~11/19)

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

PIST6公式投票サイトのご登録はこちら!

今なら最大1500円分のポイントがもらえる新規入会キャンペーン実施中(^^)

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴15年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴15年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。

最新記事 by 競輪歴15年(みんなの競輪チーム 所属) (全て見る)