競輪情報あれこれ

【競輪】奈良記念G3準決勝10R・「非情の番手捲り(?)」を考察する

競輪の難しさを考える

25日に決勝が行われた奈良競輪G3「春日賞争覇戦」は、三谷竜生―三谷将太の兄弟ワンツーで幕を閉じた。しかし今回取り上げたいのは、各所で議論が巻き起こった3日目準決勝10Rだ。

6小森貴大率いる近畿勢が前受けから突っ張ったが、後方から巻き返した7藤井侑吾がそれを強引に叩く。7藤井が単騎になり、9中井太祐がその番手に切り替え2コーナーで番手捲りを放ったが、最終バックで1東口善朋がさらにタテに踏み、直線は1東口―4松岡健介の近畿3,4番手ワンツーが決まった。

もちろん焦点は最終バックで1東口が捲ったことに対する是非。近畿3段駆けのような形となったが、地元の9中井を早々に見切って捲ったことに対して批判も起こっている。果たしてこの判断が「非情の番手捲り」となるのかどうかを、「1東口の判断が問題なかった点と考慮すべきだった点」に分けて考察する。

東口の判断が問題なかった点

①藤井との先行争い・中井の番手捲りのタイミング

まず近畿先頭の6小森は残り2周半で2新山響平を突っ張る。それに相次いで7藤井がかなりの勢いで巻き返してきた(なお1東口はこの巻き返しに一発強烈なけん制を入れており、ここで一旦7藤井のスピードが鈍ったが、それでも7藤井は前に踏んできた)。6小森は今度は7藤井との先行争いになり、叩かれたと判断した9中井は切り替えて7藤井の番手に収まる。

今回の7藤井の調子の良さは出色で、一次予選・二次予選共に別線を大きく突き放してラインの上位独占を決めている。そんな7藤井に対し、9中井は2コーナーからの番手捲りを敢行する。ここで1東口は9中井が「7藤井に合わされている」と判断し、早い段階で9中井に見切りをつけて自分で捲った…という流れ。

展開上かなり早い段階で脚を使わされており、それに加え今回絶好調の7藤井と1周以上踏み合っていたのだから相当に脚を使ったという判断は正当である。もう一つ付け加えると、9中井の番手捲りのタイミングがやや早かった。後述するが、2新山が後方で包まれていたことを考えると、最終バックに入る手前での番手捲りでも対応可能だったのではないか。バックでの捲りなら1東口も自ら捲ることはない。この辺りの微妙な判断の違いが、今回の結果を生んだ。

②4番手の松岡を活かす責任

もう一つ大きかったのは4番手の4松岡の存在。1東口も、ライン3車の3番手ならギリギリまで9中井を援護しただろう。しかし、後ろから2新山に巻き返され叩かれては、4松岡まで内に詰まって終了ということになる。理想としてはもちろん9中井も残し、4松岡も連れ込み…という形だが、あの場面での1東口は両方を取れないと判断したのだろう。このまま何もせず全員共倒れよりは、自分で踏んで4松岡まで生かしての2車勝ち上がりがベターと考えた。まさに苦渋の決断だったに違いない。

③走っていないと分からない感覚

しかしこれらを踏まえても、我々観客では分からない、走っている中での感覚でそうせざるを得なかったと判断した、ということを忘れてはならない。1東口にとっては9中井の番手捲りの掛かりが今一つで、このままでは再度2新山が巻き返してきたときに対応できないと感じたのだろう。簡単に言えば「前のスピードが乗っていなかった(と感じた)から踏んだ」。これは結果論で語ってもどうにもならない部分だ。

東口が考慮すべきだった点

①新山が半周以上内に包まれ、真後ろにいなかった

ここからは1東口が後ろを見て考慮すべきだった点。まずは、終始その動きを警戒してきた2新山が半周以上3笠松信幸に蓋をされ、最終的に6番手を回っていたこと。これにより、2新山は仕掛け所を逸し、なおかつ近畿勢にとっては3笠松がワンクッションになって真後ろからの捲りを食らわない態勢になっていた。この後ろの状況をどこまで確認できていたかは分からないが、少なくとも2新山の巻き返しがなかったことは終始確認していたはずだ。

②奈良の残り半周で後ろからの巻き返しがなかった

そして、最終バックまで別線の捲りがなかったにも拘らず番手捲りを敢行したのも痛恨だった。真後ろの4松岡がしっかり後ろを警戒しながら車間を空けており、2新山も思うように踏み出せなかった。奈良の最終バックで巻き返しがなければまず先手ラインが残る可能性は高いし、少なくとも3コーナー前で番手捲りを打つよりは、ギリギリまで引き付けて直線どこまで残るかに持ち込んだ方が良かっただろう。これは後ろで状況が見にくいということもなく、横を見れば捲りがないことも確認できたはず。2新山の幻影を気にしすぎた結果と言われても仕方がない部分だ。

1東口にとっては、様々な状況が絡み合った末の苦渋の決断を強いられた形となった。レースを見ると疑問が残るのも無理はないが、決して一つの要素であの捲りが生まれたわけではないのは覚えておきたい。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

PIST6公式投票サイトのご登録はこちら!

今なら最大1500円分のポイントがもらえる新規入会キャンペーン実施中(^^)

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴15年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴15年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。

最新記事 by 競輪歴15年(みんなの競輪チーム 所属) (全て見る)