競輪情報あれこれ

【競輪マニアックシリーズ】打鐘~場ごとの特色を探る~

打鐘!

競輪において、残り一周半のバックストレッチ通過時に鳴らされる鐘。これは「打鐘」(ジャン)と呼ばれ、選手に最終周回であることを知らせる重要な役目を持つ。

ここまでは競輪ファンならだれでも知っている知識だが、その鐘の音を注意して聞き比べているファンはそう多くはないはず。

今回は、YouTubeのKEIRIN公式チャンネルが公開している動画シリーズ「打鐘〈ジャン〉」と共に、各競輪場の打鐘の特徴を一つずつ開設する。

各場の鐘の音

現在、KEIRIN公式チャンネルには、改修工事中の熊本を除く41場の打鐘が収録されている。それでは、北から順に鐘の音を聴いていこう。

函館

正統派の鐘。ナイター時は美しい音色が函館の夜空に吸い込まれる。

青森

函館よりもやや高く、シンプルな音色。

いわき平

痺れるような音色がレースに熱気をプラスする。

弥彦

重厚な音色が弥彦の森に響き、心を揺さぶる。

前橋

力強い音色がドーム内に反響して鳴り響く。

取手

余韻がいつまでもバンクに残るような、印象深い音色。

宇都宮

シンプルな音色が逆に激しいレース展開を予感させる。

大宮

雑さを一切感じさせない、澄んだ音色。

西武園

大宮と同じ鐘を使っているようだ。

京王閣

これまでのどの競輪場とも違う、独特な音色。

立川

こちらも歴史を感じさせる重厚な音色が広い場内に響き渡る。

松戸

こちらは叩いて鳴らすタイプ(いわゆる日本式の鐘=「和鐘」)ではなく、鈴のように中の「舌」と呼ばれる部分を振動させるタイプ(いわゆる西洋式の鐘=「洋鐘」)。和鐘よりも甲高い音色の響き。

川崎

熱狂の渦に吸い込まれる伝統の音色。

平塚

他場よりも長い余韻。年季の入った鐘がもたらす貫録の音色。

小田原

打たれる早鐘が33バンクの激しいレース展開を予感させる。

伊東温泉

眼前に反り立つ崖に負けない、やや高めの音色。

静岡

無骨なデザインの鐘からは、どの場にもない特色ある音色が奏でられる。

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。
1 2
ABOUT ME
競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)
輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。