競輪情報あれこれ

【競輪】デビュー半年が経過した121期の講評一覧

競輪121期の講評

昨年7月に本デビューした121期もデビュー半年が経過。成績を振り返り、一部選手の評価と121期全体の評価を掲載する。

早期卒業組

中野慎詞(岩手)評価:S

1月にデビューすると、瞬く間にS級優勝3回を含む無傷の30連勝を記録し、怪物ルーキーの名をほしいままに。青森記念決勝で連勝は途切れたが、その後も2回のS級優勝、3連勝での伊東温泉記念決勝進出と、各地でその快速ぶりを見せつけた。来年はG1での活躍も待たれる逸材。過去の早期卒業組と比較しても全く実績は遜色なく、文句なしのS評価を進呈だ。

太田海也(岡山)評価:A+

もう一人の早期卒業組。病気欠場や失格もありS級昇級は8月とやや時間を要したが、2場所目の取手で後続を5車身ちぎってS級初優勝。大器の片鱗を見せた。しかし、まだ勝ち上がり戦では別線の抵抗に遭い大敗を喫する場面も多く、100%期待通りの走りとは言えない。今後の伸びしろに期待してA+評価とした。

7月デビュー組(一部)

後藤大輝(福岡)評価:A

本デビュー直後、チャレンジ戦では圧勝に次ぐ圧勝。脚力の違いを見せつけ、上位戦でも8連勝を記録したが、10月の小田原決勝で敗れ特別昇級に失敗。その後も決勝で4敗と、思わぬ足踏みが続いている。本来の力量を考えるといつS級に上がってもおかしくないだけに、早期の特別昇級が待たれる。評価は一応Aとした。

真鍋智寛(愛媛)評価:A

こちらも好素材だが、チャレンジで一度特別昇班に失敗。その後9連勝とし、A級上位戦でも8連勝を記録したが、後藤同様9戦目の決勝で敗れ特別昇級はならず。その後は切り換えて力を出し切るレースが続いている。デビュー前の下馬評を考えると年内にS級に上がってもらいたかったところもあるが、一応評価は後藤同様Aとした。

村田祐樹(富山)評価:B+

こちらもアマチュア実績豊富、養成所でゴールデンキャップを3回獲得するなどデビュー前から大成を期待された逸材。その見立て通りチャレンジ戦を9連勝で卒業し、上位戦でも積極先行で成績を残している。どちらかというと内容重視の現状で、力を付けてくればS級でも即通用の器となりそう。現状の評価はB+とした。

東矢圭吾(熊本)評価:B

兄に98期の在校ナンバーワン・昇太を持ち、兄同様捲りに威力を有するが、その分末脚に若干の課題を残す現状。上位戦ではコンスタントに決勝に勝ち上がってはいるが、捲り中心の割に勝ちきれないシーンも多く、前評判に見合う活躍とは言い難い現状。やや厳しめに見てB評価とした。

常次勇人(大阪)評価:B

徹底先行で121期のチャレンジ卒業一番乗りを果たしたが、その後上位戦では9月川崎の落車、12月小松島での1着入線失格と、完全にリズムを崩してしまっている。本来の力を出し切れば上でも通用するだけの素質はあるだけに、焦らずに状態を戻してもらいたい。

荒川仁(千葉)評価:B

本デビュー初戦でいきなり落車を喫する厳しい洗礼を受け、本格的な復帰は秋までずれ込んだが、そこからはチャレンジでオール連対の活躍。12月に上位戦へ駒を進めると、取手の正月開催でも骨っぽい相手に捲りで完全優勝。高い素質をアピールした。今後は出遅れを埋めるだけの活躍に期待したい。

121期全体の講評

121期全体の講評としては、率直に言えばやや「期待外れ」感は否めない。一昨年デビューした119期は早期卒業こそいなかったものの、昨年の同時期にはもう4名(犬伏湧也、上野雅彦、山根将太、吉田有希)がS級に特別昇級していた。それを考えると、7月本デビュー組でS級昇級者がいないのは、ゴールデンキャップ過去最多で「最強世代」の呼び声すらあった養成所時代を考慮しても寂しい。

レース内容を見ても、先行しようとして突っ張ったが、ペースを落としたところを別線のカマシに遭い叩かれるなど、まだ組み立てが甘い選手が多く見受けられる。これから急激に力を付ける選手ももちろん出てくるはずだが、現状ではまだ「発展途上」の判断を下さざるを得ない。これからの成長に期待したい。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴14年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。
ABOUT ME
競輪歴14年(みんなの競輪チーム 所属)
輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。