競輪情報あれこれ

G1「第78回日本選手権競輪」決勝戦結果&選手採点

第78回日本選手権競輪 決勝戦結果

G1「第78回日本選手権競輪」は5日決勝が行われ、埼玉の平原康多が優勝した。2着は岩本俊介、3着は古性優作だった。配当は3連単が2-9-1で53,440円。

決勝戦回顧

初手は4吉田2平原7武藤1古性3清水5山口8小林6諸橋9岩本。赤板で8小林が前を抑えると、1古性3清水5山口で中団を追う。ペースが落ちたところで4吉田が巻き返し、関東勢で最終先行。中団がもつれたこともあり、直線は2平原が悠々と抜け出した。

決勝戦 選手採点

1着 2平原康多 5.0

前の吉田が100点のタイミングの仕掛け。4番手以降が大競りとなったこともあり、千載一遇のチャンスをモノにした。今年は厳しいレースが続いていたが、見事1年でのSS復帰を果たした。

2着 9岩本俊介 4.5

関東4番手を終始追走。結果として単騎4名の内、最も良い位置を回る形となった。ゴール前も良く伸びたが、最後は勝者との2人分の位置取りの差が決定的だった。

3着 1古性優作 4.0

上信越の3番手に切り替えたところまでは良かったが、そこから吉田の巻き返しに対応できず。直線はコースを縫って良く追い込んだが、決め手を発揮しても前との差があまりにも開きすぎていた。

4着 4吉田拓矢 4.5(+1.0)

一旦内に包まれるシーンはあったものの、抜け出してからは前の小林が流していたところを完璧なタイミングの仕掛け。直線はやはり末を欠いたが、平原の勝利に大きく貢献した。

5着 7武藤龍生 3.0

終始3番手を回る形。4コーナーで内を突いてきた諸橋を止めた時にバランスを崩し、岩本、古性の強襲を許した。3番手の仕事は果たしたが、本来なら平原とワンツーを決めなければならない形。あとは技術の問題。

6着 3清水裕友 2.0(-0.5)

バック9番手ではさすがにいわき平でも勝負権がなかった。

7着 6諸橋愛 2.0

小林が叩かれた段階で関東の後ろにスイッチ。4コーナーは諸橋らしいコース取りで中割りを狙ったが、武藤に阻まれた。本来なら1センター~2コーナーで吉田か平原を阻みたかったが、スピードの差があった印象。

8着 5山口拳矢 1.0(-0.5)

清水同様、最終バックで後方に置かれ万事休す。

9着 8小林泰正 0.5

最終ホームで流していたところを吉田に叩かれた時点で万事休す。本来先行型ではないだけに、逃げる技術や、G1決勝という舞台の経験の差がモロに出てしまった印象。捲りならまた違っていたかも。

賞金ランキング概況

暫定だが、平原康多が優勝賞金8,200万円+副賞を加算し堂々トップに。決勝3着の古性優作が2位、6着の清水裕友が3位。2着の岩本俊介は郡司浩平をわずかにかわして4位に浮上した模様で、上位は大きくラインナップが変わっている。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

PIST6公式投票サイトのご登録はこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴15年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴15年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。