競輪情報あれこれ

G1「第65回オールスター競輪」決勝戦結果&回顧

第65回オールスター競輪 決勝戦結果

G1「第65回オールスター競輪」は15日決勝が行われ、福井94期の脇本雄太が優勝した。脇本は2018年のいわき平に続き、2度目のオールスター制覇。G1は通算7回目の優勝となった。2着には松浦悠士、3着には守澤太志が入った。払戻金は2車単が9-2で1,210円、3連単が9-2-3で4,720円

決勝戦回顧

初手は6寺崎9脇本1古性2松浦5吉澤8新山4小松崎3守澤7成田。赤板で8新山が上昇すると、6寺崎が突っ張る構えを見せる。2松浦が空いた内を掬い、9脇本を捌いて番手に収まる。6寺崎2松浦8新山の並びとなり、最終バックで2松浦が番手捲り。そのまま押し切りを狙うところへ、自力で捲り追い込んだ9脇本が強襲し、ゴール前でかわし去った。

圧倒的な個の力―「ケイリン」が「競輪」と破った一戦

大前提として、今回戦ったのは先行有利が基本の西武園である。そして決勝、最も技術を見せたのは間違いなく松浦悠士だった。赤板で一瞬の隙を突き、近畿ラインの分断に成功。最終バックで先行の番手という絶好の形を築き、後は番手捲りで押し切るだけだった。

それでも、である。一旦は8番手まで車を引き、並の選手なら文句なく捲り不発となろう展開を、脇本雄太はたったの半周で覆してしまった。

勝負のターニングポイントとなった赤板。松浦はすでに古性の内に入っている

正直、脇本のレース内容としては、評価できる点の方が少ない。「近畿の選手」としてなら尚更、である。しかし、G1決勝という舞台である以上、多少の内容の悪さは捨てて、最後は勝ちに徹すれば良い。その割り切りの良さが、最終的な勝利につながったと言える。無理に脚を使って追い上げれば、外併走で松浦に捌かれて不発となるか、小松崎あたりの捲りを食らう可能性もあった。

それに対し、上でも述べた通り松浦のレース内容はほぼ完璧だった。「競輪」として最高のレースをしたと言って良い。

その最高の「競輪」選手を、力技で持ってきた「ケイリン」の選手が打ち破った。絶対的な個の力の差がそこにはあった。

他に回顧すべき点を挙げるとするならば、新山の抑え方の問題。本人がレース後のコメントで、「脇本さんのところで勝負しようと」したと明かしており、カマシ気味に抑えるのではなく、外併走気味から番手に飛び付く構えだったことが分かった。今回は寺崎の後ろに松浦が入っていたことでその作戦は瓦解したが、この作戦が成功していれば、またレース展開は違ったものになっていただろう。

決勝進出選手の次回出走予定

優勝した脇本、6着の小松崎、8着の成田は8月22日~24日の立川F1に斡旋がある。2着の松浦、7着の吉澤は8月20日~23日の富山記念。3着の守澤は8月25日~28日の小田原記念。5着の新山は9月8日~11日の青森記念。4着の古性は9月16日~19日の共同通信社杯に直行を予定している。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴12年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。