競輪情報あれこれ

【2022年引退競輪選手】昨年引退した主な選手

2022年に引退した選手

今回は、昨年1年間に引退した主な選手を紹介する。

2022年に引退した全選手はこちら

阿部康雄(新潟68、1/13引退)

サラリーマン時代、弥彦競輪場で開催された素人脚自慢レースに参加したところ、大差圧勝。その経験を基に選手となった異色の経歴を持つ。1991年のデビュー後2年でS級に昇級すると、G3優勝6回を含む33回の優勝。1999年甲子園オールスター、2006年立川日本選手権と2度のG1決勝進出も果たし、長くに渡り新潟のエースとして活躍した。通算377勝。

萩原操(三重51、5/16引退)

昭和・平成・令和と3時代に渡りS級で活躍した競輪界のレジェンド。最年長S級在籍記録(58歳9か月)、最年長S級勝利記録(58歳3か月)、最年長A級1・2班戦優勝記録(56歳10か月)、連続S級在位記録(34年)、日本選手権通算25回出場と、様々な金字塔を打ち立てた。通算393勝、優勝23回。

高木真備(東京106、5/16引退)

人気と実力を兼ね備えた、まさにガールズケイリンのアイドル的存在。2016年頃からトップクラスでも頭角を現し、同年8月のガールズケイリンコレクション松戸ステージでビッグレース初優勝。翌年にはガールズドリームレースを制した。その後、2021年に悲願のガールズグランプリ初優勝を果たし、賞金女王に輝いたが、昨年5月に突如引退を発表。引退後は保護犬・猫の活動を行うと共に、競輪関連のイベントにも出演している。通算379勝、優勝91回。

田中麻衣美(新潟102、7/21引退)

102期生(ガールズ1期生)として、ガールズケイリンの黎明期を支えた広告塔的存在。PRポスターにも多数登場し、人々の耳目を集めた。選手としては優勝などの実績を収めることはできなかったが、1期生としてガールズケイリンの厳しい時期を支えた功績は計り知れない。通算4勝。

村上義弘(京都73、10/11引退)

もはや説明不要の、競輪界に一時代を築いた大選手。KEIRINグランプリ2勝、日本選手権4勝などの実績以上に、「先行日本一」と謳われた時代から一貫したレーススタイルは「魂の走り」と呼ばれ、選手・ファンなどの関係者から斉しく尊敬を集めた。通算655勝、優勝91回。GP優勝は2012年、2016年の2回、G1優勝は2011年、2013年、2014年、2016年日本選手権、2002年全日本選抜、2003年オールスターの6回。

三宅伸(岡山64、10/24引退)

競輪学校64期では在校1位の成績に輝き、1990年代から長きに渡って中四国の中核としてS級で活躍。2008年の全日本選抜では、後輩の石丸寛之マークから直線追い込み、39歳にしてG1初優勝を飾った。通算430勝、優勝45回。

※2022年後期で引退が確定した選手については、後日更新いたします。

競輪を買うなら『みんなの競輪』

キャッシュバックでお得に競輪が楽しめる!「みんなの競輪」公式サイトはこちら!

公式LINEでお得な競輪情報を配信中!!

友だち追加 

オートレースくじ「当たるんです」はこちら!

【いつでも輪pediaの記事更新通知が受け取れる!ポップアップ通知の利用方法】

➀App Storeの検索に「Push7」と入力し、アプリをダウンロード
②設定より「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」を解除
③「輪pedia」アクセス時に現れる「輪pediaからの通知を受け取る」で「購読する」をタップ
 

輪pediaメールマガジン登録はこちら!

輪pediaメールマガジン登録/解除はこちら 「輪pediaメールマガジン」は競輪メディアサイト「輪pedia」の無料メールマガジンです。 「輪pedia」で更新された注目の...

オススメ記事

新時代の旗手・117回生は「競輪」の破壊者か?~「ケイリン」の申し子たちと「競輪」の関係性を考える各地で活躍を示す競輪117回生は、競輪新時代の旗手となるのか、それともこれまでの「競輪」を打ち破り「ケイリン」をけん引する存在となるのか?117回生の成績から考察します。...
競輪の「代謝制度」って何?選手が引退させられる制度についてまとめておいた 競輪選手は成績が悪いと引退させられる プロ野球の「戦力外通告」のように、競輪の世界にも成績の振るわない選手に引退を促す「...
「競輪を当てたい人」必見!あなたの的中率が上がる「3つのポイント」を伝授!競輪の的中率を上げたい競輪ファン必見!あなたが知らなかった「3つのポイント」を押さえるだけで、的中率は飛躍的に上がります!...
全国の競輪場紹介編~前編・北日本、関東、南関東、中部~目指せ43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。前編は、函館から四日市まで、北日本~中部の競輪場の特徴を解説します。...
全国の競輪場紹介編~後編・近畿、中国、四国、九州~目指せ全国43場踏破!全国43場の競輪場を、2回に分けて紹介。後編は、福井から熊本までの、近畿~九州までの競輪場の特徴を解説します。...
【職場結婚】競輪選手同士で結婚した選手をまとめてみた 競輪選手同士の結婚 今日、熊本113期の曽我圭佑選手と栃木108期の福田礼佳選手が結婚することが発表されました(福田選手...
全員落車、全員失格…競輪で本当にあった珍事件について調べてみた 競輪に落車や事故はつきもの 最高時速70キロで走りながら、身体と身体をぶつけ合う競技―それが競輪。一瞬の判断ミスが、落車...
最高齢競輪選手は〇〇歳!?歴史に残るベテラン選手を一挙紹介! 競輪選手は選手寿命が長い 一般的に、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツ選手は、30代までが選手生命のピーク。40代を迎...

 

The following two tabs change content below.

競輪歴14年(みんなの競輪チーム 所属)

輪pedia 編集者兼ライターの「競輪歴12年」です。 長年培った知識を活かし、競輪に関する有益な情報を提供していきます。